デリケートゾーンのにおいはコレで解決できる!

デリケートゾーンのにおいを解決の画像

デリケートゾーンについて女性が気になってしまう事で意外と悩んでいる人が多いのがにおい。そうなんです、

デリケートゾーンのにおいのことを気にしている女性って実は結構多いのです。

女性の場合はストッキングやタイツを穿いたりすることが多いので、ついつい蒸れてしまいがちなんですよね。デリケートゾーンが蒸れてしまうとにおいが気になってしまいますよね。

その他にも生理中や生理後であったり、おりものが多い日などもデリケートゾーンのにおいが気になるという人は多いのです。

ブーツを履いて蒸れてしまって足がクサくなってしまった。なんて事はほとんどの女性が経験しているんじゃないかと思うのですが、デリケートゾーンの場合はただ蒸れてにおいがしているだけだったら良いのですが、もしかしたら性病の可能性があったり、デリケートゾーンの状態が良くなかったりという事も考えられるのです。

そのため、ただ単にボディーソープでキレイに洗っているだけで大丈夫ということではなく、なかなか一筋縄ではいかないのです。

それに、においが原因でレスになってしまったなんていう男性の意見もチラホラ見かけたりしますよね。

デリケートゾーンのにおいが原因で、好きな人にフラれてしまった…なんて事になったらもう最悪!

なので、今回はデリケートゾーンのにおいケア決定版!ということで、これをすればデリケートゾーンのにおいは問題ナシということについて書いてみますね。

デリケートゾーンのにおいの原因で考えられるのは…

ニオイの原因で考えられるのは?の画像

まずデリケートゾーンのにおいケアをする前に、デリケートゾーンからにおいがする原因を知っておくことが大切です。なぜかと言うと、においの原因によってケアの仕方がが変わってくるからなんです。

例えば、生理中やおりものが多い時などは丁寧に洗ってあげれば、においがある程度抑えることが出来るのですが、ウイルスや雑菌がにおいの原因となってしまっている場合は、洗ってケアをするだけではなく、ウイルスや雑菌を取り除かないとにおいを抑えることができなかったりするのです。

いくつかデリケートゾーンからにおいがしてしまう可能性をあげてみると…

・デリケートゾーンの蒸れ

・生理中のにおい

・おりものが多い日

・すそわきが

・性病

などですね。後ほどそれぞれのにおいケアの方法を書きますが、女性にとってはどれも身近なもので、デリケートゾーンのにおいがキツくなってしまうというのは、ちゃんとケアをしていないと誰にでも起こりうる可能性があるのです。

でも、先ほども書きましたがデリケートゾーンのにおいの原因を知って、そのにおいの原因に合ったケアをしてあげればにおいを抑えてあげることができるのです。

だから、「においが気になって…」と悩んでいるだけじゃ何も変わらないのです。大切なのは普段から意識してデリケートゾーンのにおいケアをするという事なのです。

男性はやっぱりにおいを気にする?

男性にもニオイはバレてる?の画像

私が恥ずかしがっていても仕方ないので、ズバリ書きますが…(笑

デリケートゾーンのにおいって自分ひとりだけで臭いと思っているだけならば、正直なところ大した問題ではないですよね?においがしてしまうことで一番問題なのは何かというと、彼氏や夫に「臭い…」と思われてしまうということですよね。

正直に書きましたがwほとんどの女性はそうなんじゃないかと思います。絶対にそうなハズだと思いたいですが。(笑

実際のところ、男性が女性のデリケートゾーンのにおいを気にしているのかどうかというと、答えは…答えは…いろいろなサイトを調べてみると、当然のように気にする男性が多いのです。

まあ調べる前から分かってたと言えば分かっていたんですけどねw

ただ、思っている以上に彼女や妻のデリケートゾーンのにおいを気にするという男性は多いです。しかも、これが臭いをガマンしていてツラい…とかいうだけではなくて、別れようかと思っているなど結構深刻に悩んでいる男性の方も多いのです。

男性の方からしてみても、なかなか直接彼女や妻に「デリケートゾーンが臭い…」なんて言うことが出来ないのが本音のようで、それだったらいっそのこと別れてしまった方が、という考えの方もいるみたいです。

彼氏や夫と長く続けていくためには、マジメな話、夜の生活の方も大事な問題ですよね。別れるとかまでは行かないにしても、デリケートゾーンの臭いのことが原因となってレスになってしまったりというケースはかなりあるのです。

男性は、においのことを気にしているかというと、ほとんどの男性が気にしていると考えた方がいいですね。

最初にも書いたように、「デリケートゾーンのにおいが原因で別れてしまった…」なんてことにならないように、においケアってやっぱり大切なんです。

香水を使ってのニオイケアはNG!?

香水でにおいをごまかすの画像

デリケートゾーンのニオイが気になるからといって、「香水を使ってごまかせば…」なんてことを考える女性も多いのですが、香水を使うことで一時的にニオイはごまかせるのですが、あまり良い方法とは言えないのです。

というのも、昔のヨーロッパなどでは体臭をごまかすために使われていたこともあるのですが、香水というのはニオイの原因を消臭してくれる役割はなくて、あくまでも別の香りでニオイの原因にフタをするということになってしまうからなのです。

そのためデリケートゾーンのニオイを香水を使ってごまかそうとしても、ニオイの原因を抑えることはできておらず、香水のニオイと混じってしまいニオイの組み合わせによってはデリケートゾーンのニオイをさらに際立たせてしまうということにもなり兼ねないからなのです。

香水を使うことで、一時的にデリケートゾーンのニオイに別の香りでフタをすることができるのですが、ニオイの発生を抑えたり、一時的な効果でしかないのです。

デリケートゾーンのニオイ対策で一番重要なのは、ニオイをごまかすのではなくニオイの根本的な原因を抑えることが重要なことなのです。

デリケートゾーンのにおいケアに最適な方法はコレ!

においケアの方法を紹介の画像

女性のデリケートゾーンのケアは、アンダーヘアなどの見た目だけをちゃんとしておけば良いというのではないのです。むしろアンダーヘアよりもにおいケアの方が重要だということが分かっていただけましたでしょうか?

では、実際にどういう風ににおいケアをすればいいのかというのを、先ほど書いたデリケートゾーンからにおいがしてしまう可能性がある原因別ににおいケア方法を書いてみたいと思います。

その前に、

「なぜアナタに、においケアの方法が分かるの?」

という声が聞こえて来そうなので、またまた恥かしながら私事なのですがwこのブログには何度か書いているのですが、私もデリケートゾーンのかゆみに悩まされていた時期があったのです。それがなかなか酷かったのですが、その原因というのが普段からのデリケートゾーンのケア不足や蒸れが原因になっていたのです。

そのデリケートゾーンがかゆくなってしまった時は彼氏が居たのですが、「あそこがかゆい…」なんて言えるわけもなく、一人で専用の石鹸を使ったりデリケートゾーン関連の物をいろいろと買ったわけです。

かゆみが気になっていたのですが、それと同時ににおいや黒ずみも気になり始めたのです。それからデリケートゾーンのケアをちゃんとするようになって、今では自分で言うのも何ですが、なにぶん凝り性なのでw人よりはデリケートゾーンのケアをしていると言うのは自信を持って言えます。なので、デリケートゾーンのケア方法にはかなり敏感なので、においケアにもそれなりに自信があるのです。

ここで紹介しているのは、誰かに聞いたというのではなく自分が実際に試してみて、においケアにつながったという方法だけです。

話が少しそれてしまいましたがwデリケートゾーンのにおいケアにおススメな方法を紹介してみますね。

デリケートゾーンからにおいがする可能性がある原因というのが、ほとんどの場合がこの、

・デリケートゾーンの蒸れ

・生理中のにおい

・おりものが多い日

・すそわきが

・性病

5つの原因に当てはまることがほとんどなのですが、すそわきがと性病を除いた、蒸れ・生理・おりものが原因となってしまっている場合は、基本的には同じにおいケアの方法でにおいを抑えることが出来るのです。

デリケートゾーンの蒸れ・生理・おりものが原因となっているにおいケアの方法

蒸れ・生理・おりものが原因の場合の画像

まず最初に、

とにかくスグにデリケートゾーンのニオイをなんとかしたい!

そんな方にオススメなのが、使ってスグにデリケートゾーンのにおいをケアしてくれる消臭デオドラントやクリームを使うことです。

デリケートゾーンのにおいは、主に雑菌の繁殖と汗のにおいが原因になっていることがほとんどなのですが、生理やおりものが多い日は体内から出た経血や分泌物を栄養分にして雑菌がいつもより増えてしまうということがあり、デリケートゾーンが蒸れてしまうと知らず知らずの内に汗をかいてしまい、雑菌が増えやすい状況になってしまって…デリケートゾーンのにおいの原因になってしまっているのです。

デリケートゾーンのにおいを抑えるためには、次の2つのことをする必要があるのです。

・デリケートゾーンの汗を抑える。

・雑菌が増えるのを抑える。

という2つのことがデリケートゾーンのにおいをケアするためには欠かせないことなのです。

「デリケートゾーンの汗を抑えて!」なんてことを言われても、自分では調整することなんて出来ないですよね(笑)ましてや雑菌が増えるのを抑えるなんて、自分でどうにかできるなんて考えようとも思わないですよね。

そんな自分だけではどうすることも出来ないデリケートゾーンのにおいケアの手助けをしてくれるのが、においケア専用のデオドラントやクリームなのです。

「デリケートゾーンのにおいに悩んでいるなんて私だけかも…」

そんなことはないのでご安心を(笑)実際、デリケートゾーンのにおいケアの商品というのはいくつか販売されていて、それだけにおいに悩まされている女性も多いのですが、「どの商品がにおいケアにいいの?」ってなかなか悩んでしまいますよね。

そこでデリケートゾーンのにおいケアに評判の良いデオドラントとクリームを紹介してみますね。

Ibiza Deodorant(イビサデオドラント)

イビサデオドラントの画像

一番最初に紹介したいのが、このイビサデオドラントです。

イビサデオドラントはデリケートゾーンのにおいケア専用のミストタイプのデオドラントで、「気になるにおいを簡単にケアしてくれる!」とにおいケアの人気アイテムなのです。

このイビサデオドラントは、年間10,000人以上のデリケートゾーンをケアしてきた脱毛サロンが、実際に脱毛サロンに来ていたお客さんの声を元に開発されたデオドラントで、医薬部外品としてデリケートゾーンのにおいケアに効果があると認められているのです。

イビサデオドラントがどのようににおいをケアしてくれるのかというと、においの原因となっている2つのことを同時に抑えてくれるからなのです。

・アポクリン汗腺からの汗を抑えてくれる。

デリケートゾーンのにおいの原因の一つでもあるアポクリン汗腺からの汗を、イビサデオドラントに含まれているパラフェノールスルホン酸亜鉛という成分が、汗自体を抑えてくれるのです。

・デリケートゾーンの雑菌が増えるのを抑えてくれる。

汗の他にもう一つにおいの主な原因となっている雑菌が増えてしまうのをシメン-5-オールという成分が抑え、結果的に雑菌が体内からの分泌物を分解するときに発生させるにおいを抑えることが出来るのです。

この2つのことを同時にすることで、イビサデオドラントはデリケートゾーンのにおいを素早く簡単に抑えてくれるというワケなのです。

デオドラントと聞くと「他のにおいでごまかすの?」と思ってしまいますが、イビサデオドラントはにおいをごまかすというのではなく、においの原因となっている汗と雑菌に直接働きかけて原因からにおいを抑えてくれるのです。

もちろん、デリケートゾーンのにおい用に開発されたデオドラントなので安心して使うことが出来て、敏感肌の方が使っても大丈夫なように繰り返しパッチテストも行われています。

それと、イビサデオドラントがオススメなのはもう一つ理由があるのです。それはミストタイプだということなのです。

デリケートゾーンのにおいケア用品ってクリームなど塗るタイプの物が多いのですが、クリームを使うとなるとどうしても手を使って塗る必要がありますよね?その点このイビサデオドラントはミストタイプなので、シュッと吹き付けるだけで簡単ににおいケアが出来て手も汚れないのです。

私も以前はクリームタイプの物を使ったことがあったのですが、ミストタイプの方がやっぱり簡単で便利です。

「デリケートゾーンのにおいが気になるけど、どれが良いのか分からない…」

という方はまずこのイビサデオドラントを使ってみてください。本当にシュッとするだけで簡単にニオイケアが出来るので、失敗することはまず無いですよ♪

ボタン

CLEANEO(クリアネオ)

デリケートゾーン消臭クリームの画像

クリームタイプのにおいケアでオススメなのがこのクリアネオです。

クリアネオには、デリケートゾーンのにおいの原因となってしまう菌を殺菌してくれる成分が入っていて、デリケートゾーンに塗るだけでにおいの原因となっている雑菌を殺菌してくれるのです。

それにクリアネオにも制汗成分も入っているので、においの原因となっているワキガと同じデリケートゾーンにもあるにおいの強いアポクリン汗腺からの汗も制汗してにおいをケアしてくれるのです。

クリアネオを使えば、体を洗った後だけではなく日中もにおいの原因となっている雑菌の繁殖や汗を抑えてくれるのです。

先ほど紹介をしたイビサデオドラントとの違いはというと、クリアネオの場合はクリームタイプだということです。クリームタイプはどうしても手で塗るので手が汚れてしまうのですが、メリットとしては満遍なくデリケートゾーンに塗ることが出来るということですね。

ボタン

においケアのクリームを使えば、スグに気になるにおいをケアすることができるのですが、蒸れ・生理・おりものが原因となっているデリケートゾーンのにおいケアのためには、日常的に普段からちゃんとケアをしてあげるということも大切なのです。

その普段からのデリケートゾーンをちゃんとケアする方法としてオススメなのが…

においケアが出来るデリケートゾーン用の石鹸で洗う。

蒸れ・生理・おりものがなぜにおいの原因となってしまうかというと、経血やおりものには不要な分泌物や古くなってしまった細胞などが含まれていて、それらが直接のにおいの原因となっているというのもあるのですが、デリケートゾーンが蒸れてしまったり生理中やおりものが多い日などは、デリケートゾーンに雑菌が繁殖しやすくなっているのです。

本来であれば、雑菌が増えすぎないように常在菌が守ってくれているはずなのですが、デリケートゾーンが蒸れてしまうと雑菌が増えると共に、活動も活発になってしまうのです。生理中やおりものが多い日などは経血やおりものが雑菌の栄養となってしまって増殖してしまうのです。

そのため生理中や生理後、おりものが多い時には雑菌の方が多くなってしまい、雑菌が分泌物などを分解している時ににおいが発生してしまうのです。

このにおいを防ぐためには、雑菌が増えないようにしてあげれば良いのですが…

多くの方がボディーソープやよくある固形石鹸で体を洗うついでにデリケートゾーンもゴシゴシと洗うという事をしてしまうのですが、これが間違いなのです。

確かに洗うことで一時的に雑菌を減らすことが出来るのですが、ボディソープや固形石鹸の洗浄力が強い物を使ってしまうと常在菌までをも弱らせてしまうのです。そればかりかデリケートゾーンの肌の乾燥などのトラブルも招いてしまうのです。

常在菌が弱ったままの状態で雑菌が増えてしまうと、さらににおいが強くなってしまうという悪循環になるのです。

そこで常在菌を弱らせないようにするためには、デリケートゾーン用の石鹸を使うことがおススメなのです。というのも、デリケートゾーン用の石鹸だと殺菌力がちょうど良いので、常在菌が弱らず結果としてにおいケアが出来るのです。

さらにベストなのは、デリケートゾーンのにおいケアを目的とした雑菌を殺菌してくれる成分が配合されたデリケートゾーン用の石鹸を使うということです。

においケアにおススメのデリケートゾーン専用石鹸

デリケートゾーンのにおいが気になるという場合、普段のケアとしてオススメなのがデリケートゾーン用の石鹸を使うということなのです。デリケートゾーン用の石鹸として有名なのがジャムウソープです。

女性のデリケートゾーンって、体のほかの部分よりも蒸れやすく、それでいて菌が繁殖しやすいので、こまめにケアをしてあげることがポイントなのですが、洗浄力が強すぎる石鹸を使って頻繁にケアをしてしまうと、先ほども書いたように常在菌までも弱ってしまって逆に雑菌が繁殖しやすくなってにおいの原因になってしまうのです。

その点、ジャウムソープは天然由来の成分で作られており、デリケートゾーンを優しく洗い流し常在菌の状態を正常に保ってくれるのです。その結果、デリケートゾーンに雑菌が増殖しすぎないようになり、においが抑えられるのです。

ですが、「ちょっとにおいが気になるぐらい。」というぐらいの方であればジャムウソープでもにおいをケア出来るかもしれないのですが、「結構においが気になっている…」という方の場合はジャムウソープだけだと、あまりニオイがケア出来ていないと感じてしまう可能性があるのです。

そこでオススメなのが、ジャムウソープの成分に加えてニオイケアの成分が配合された、この石鹸です。

■イビサソープ

においケアibiza soapの画像

イビサソープは、先ほど紹介したイビサデオドラントと同じ脱毛サロンが開発をした、デリケートゾーンのニオイに悩む女性のために開発されたデリケートゾーン用の泡石鹸なのです。

イビサソープにはイソプロピルメチルフェノールという殺菌と抗菌作用がある成分が配合されていて、デリケートゾーンを洗うだけで雑菌を殺菌しつつ抗菌をして守ってくれるのです。

その上、デリケートゾーンの肌に最適な天然由来のジャムウソープの成分も配合されているので、殺菌と抗菌に加えて傷つきやすいデリケートゾーンの肌を健康な状態に導いてくれます。

イビサソープはニオイの原因となっている雑菌を殺菌し、ジャムウ成分でデリケートゾーンの肌の状態を健やかにすることで、ニオイと洗いすぎによる悪循環を変えてくれる、デリケートゾーンのニオイケアには最適な泡石鹸なのです

▼ニオイだけじゃなくデリケートゾーンの肌もケア出来る♪ボタン

もう一つ、デリケートゾーン専用の石鹸としておススメなのがこちらの石鹸です。

■コラージュフルフル泡石

泡石鹸の画像

このコラージュフルフル泡石鹸もイビサソープと同じで、デリケートゾーンの殺菌と抗菌ができる泡石鹸なのです。コラージュフルフル泡石鹸のポイントは、よりデリケートゾーンの雑菌を抑える目的で開発された泡石鹸であるということです。

そのため、雑菌だけでなく真菌というデリケートゾーンに増えがちな菌の両方を抑えることができる泡石鹸なのです。

真菌と雑菌の両方が抑えることが出来ると聞くと、殺菌成分が相当強いんじゃないの?と考えてしまいますよね。確かにコラージュフルフルは真菌と細菌の両方を抑えることが出来る泡石鹸なのですが、デリケートゾーンに負担をかけずに使うことが出来るのです。

その安全性は間違いなく、殺菌してくれる成分が入っているにも関わらず、赤ちゃんの肌にも使えるほど肌に負担をかけずにデリケートゾーンを洗うことが出来るのです。

先ほど紹介をしたイビサソープとの違いとしては、コラージュフルフルの場合はジャムウ成分が配合されていないということです。その分コラージュフルフルの方が少しお値段がお買い得なのですけどね(笑)

ボタン

デリケートゾーンのにおい対策におススメな専用石鹸を2つ紹介しましたが、よくあるボディソープや石鹸でケアをするよりも、やはり専用石鹸でケアをしたほうがデリケートゾーンのにおいはケアすることができます。

というのも、デリケートゾーンの専用石鹸はボディソープなどと違って、デリケートゾーンのにおいもケアするという目的があって作られているので、ボディソープや一般的な石鹸ではできないようなケアも専用の石鹸であれば可能なのです。

このデリケートゾーン専用の石鹸とにおいケアクリームをあわせて使えば、蒸れ・生理・おりもののが原因となっているデリケートゾーンのにおいのほとんどはケアすることができます。

私も生理中と生理後のにおいが、一時期かなり気になっていたのですが、デリケートゾーン専用石鹸とニオイケアクリームを使い始めてからは徐々ににおいが気にならなくなって、今ではほとんど「においに悩まされる…」ということは無くなりましたね。

なので、もし今デリケートゾーンのにおいに悩まされているという方は、このデリケートゾーン専用石鹸とにおいケアクリームを使ってみてください。においに対する不安がかなり軽くなるハズなので。

デリケートゾーンのにおい対策はスプレーとクリームどっちがいいの?

スプレーかクリームどっち?の画像

デリケートゾーンのにおい対策には、においの元となる汗や雑菌が増えるのを抑えてくれるスプレーやクリームを使うというのが、一番簡単かつスグににおいをケアできる方法なのですが、スプレータイプとクリームタイプってどっちが良いのでしょうか?

実は使う人のデリケートゾーンの状況によって使い分けた方が良いのです。どういう風に使い分ければ良いのかと言うと…

スプレータイプがおススメの人

アンダーヘアがある程度生えているという場合は、スプレータイプの物の方がおススメです。

なぜアンダーヘアがある場合のにおい対策にはスプレータイプがおススメなのかと言うと、ニオイ対策のためにはデリケートゾーンの汗を抑えてあげる必要があるのです。そのためデリケートゾーン周りの肌に消臭成分を塗らないと意味がないのです。

そのため、アンダーヘアがある場合は、クリームタイプだとどうしてもデリケートゾーンの肌にクリームを塗りにくいため、スプレータイプの方が液体状なので肌に届きやすく効果を発揮できるのです。

先ほど紹介した商品のイビサデオドラントは液体のミストタイプなので、アンダーヘアを特に処理していないという方にはおススメです。

クリームタイプがおススメの人

クリームタイプの場合はスプレータイプとは逆にアンダーヘアを脱毛などで処理しているという方におススメです。

アンダーヘアを処理されている方の場合は、毛が邪魔にならないのでクリームタイプの方がしっかりとデリケートゾーンの肌に塗ることができるためです。

ちょっとしたことなのですが、せっかくデリケートゾーンのにおいケアをするのであればしっかりと対策をしたいですよね。実際に私がスプレーとクリームの両方のタイプを使ってみて感じたのが、アンダーヘアの状況によって使い分けた方がいいかも!?ということでした。購入する時の参考にしてみてください。

サプリメントでにおいをケアできないの?

サプリメントでにおいケアは?の画像

気になってしまうデリケートゾーンのにおいですが、最近では様々なサプリメントが販売されていて「気になる体臭におすすめのサプリ!」なんていう特集が女性誌などでもされていたりしますよね。

サプリメントって飲むだけで簡単お手軽で、デリケートゾーンのにおいを体の中からケアできるようなサプリメントがあったら欲しい!という方も多いかと思います。もしあれば私も買ってしまうかもですが(笑)

でも、ちょっと待ってください。

デリケートゾーンのにおいの事を考えた時に、なぜにおいがするの?というにおいの元となっている原因をたどってみると、生理が関係している場合がほとんどなのです。

デリケートゾーンのにおいが強くなって気になる時って、生理中や生理後の経血が気になる時だったりしますよね。なぜこの期間ににおいが集中的に気になってしまうかというと、次のようなことが考えられるのです。

生理中に免疫力が弱くなってしまう。

デリケートゾーンのにおいと生理の関係で一番関係しているのが、生理中に免疫力が落ちてしまうことで雑菌が増えてしまうことです。

雑菌が経血や分泌物を分解する時ににおいが発生してしまうのですが、生理中に免疫力が落ちて雑菌が普段よりも増えてしまうと、一段とにおいが気になってしまうのです。

血行が悪くなって腸の活動が弱くなってしまう。

生理中には経血などによって体内の血液が外に出てしまうので、体の冷えを感じたり頭痛がしたり様々な症状がありますよね。生理による血行不良のために腸の活動が弱まるという事もあるのです。

腸の活動が弱まってしまうと、便秘になってしまったりということもあるのですが、実は腸の活動が低下することで先ほどの免疫力の低下も引き起こしてしまうことがあり、結果として雑菌が増えデリケートゾーンのにおいが強くなってしまうという事にも。

生理中にはこのようなことが起こって、デリケートゾーンのにおいが強くなり気になってしまうのです。

生理中や生理後に、特にデリケートゾーンのにおいが気になってしまう人の場合は、一時的なにおいケアという方法だけでなく、

・生理中に免疫力が弱くなる。

・血行が悪くなって腸の活動が弱くなる。

この2つのことも合わせてケアすることがデリケートゾーンのにおいの解決に繋がるのです。

少し話が外れてしまいましたが(笑

「こういうサプリメントが体臭には良い!」と言われているものっていくつかあったりしますよね?

でも生理中や生理後ににおいが気になる人の場合は、においをごまかすのではなく根本的には免疫力を下げないことが重要です。サプリメントを使って生理中の免疫力を下げないようにするためには、腸の働きサポートしてくれるようなサプリメントが理想的なのです。

具体的にどんなサプリメントがおすすめかというと、乳酸菌などのサプリメントを飲むことで腸の活動をサポートしてあげることが出来るのです。

乳酸菌と聞くと、腸内の環境を整えてくれたりということが思い浮かぶと思うのですが、結果的にデリケートゾーンのトラブルなどにも関係しているということが最近よく言われているのです。

実際にデリケートゾーンのことで悩む女性のための乳酸菌サプリメントというのが販売されていて、おすすめなのがこのサプリです。

デリケトール

乳酸菌サプリの画像

デリケトールは、デリケートゾーンの不快感に悩む女性のために開発されたサプリメントで、生理中に低下しがちな腸の活動をサポート。その結果、生理中や生理後のデリケートゾーンの不快感をケアしてくれるサプリメントなのです。

最近では数え切れないぐらいのサプリメントが販売されていますが、生理中や生理後にデリケートゾーンのにおいやムズムズが気になるという方は、色々なサプリを合わせて飲むよりも、腸の活動をサポートしてくれるこのデリケトールを試してみるのがオススメです。

生理中のにおいが気になるという方の場合は、根本的に解決するためには腸の活動をサポートするというのが重要なことなので。

ボタン

ニオイ対策には洗い方にも注意

においケアには正しい洗い方もの画像

デリケートゾーンのニオイケアのためには、もちろん毎日お風呂に入った時に洗って清潔にしてあげるということは大事なのですが、単に洗い流せばいいだけというワケではないのです。洗い方にも注意が必要なのです。

デリケートゾーンの肌は薄く弱いので、強く洗いすぎてしまうとすぐに肌が乾燥をしてしまって、皮脂がさらに分泌されるようになり、雑菌が繁殖してニオイが強くなってしまう…という悪循環になりかねないのです。

ではニオイをケアするためにどういう風にデリケートゾーンを洗えばいいのかというと、泡でパックをするように洗ってあげるのが理想的なのです。

1:デリケートゾーン専用の石鹸を泡立てネットを使ってしっかりと泡立てる。

2:デリケートゾーンを包み込むように泡を置いてあげる。

3:泡をデリケートゾーンに乗せた状態で2〜3分放置する。

4:気になる部分は指で優しく洗う。

5:泡を洗い流す時には直接シャワーをデリケートゾーンに当てるのではなく、下腹部あたりにシャワーを当てて手の平に水をためてデリケートゾーンの泡を洗い流します。

これが理想的なデリケートゾーンの洗い方なのです。ポイントはしっかりと泡立てるということと、泡を乗せた状態で2〜3分放置するということです。泡を乗せた状態で放置することで、泡が毛穴の中の汚れも洗い出してくれるのです。

この方法で洗ってあげることで、皮脂を必要以上に落としすぎず、いつも通りの洗い方ではキレイにすることができない毛穴の汚れなども落とすことが出来るので、ニオイだけじゃなくデリケートゾーンの乾燥もケアしてあげることが出来るのです。

最初は面倒くさいと思うかもしれませんが、デリケートゾーンのニオイや乾燥、かゆみなどのトラブルは洗い方にも問題があるということが十分に考えられるのです。なので一度デリケートゾーンのトラブルが多いという方はこの洗い方を1週間だけでも試してみてください。きっとデリケートゾーンの肌の調子が違うことが実感できるはずなので。

すそわきがが原因となっている場合のデリケートゾーンのにおいケア方法

すそわきががニオイの原因の画像

生理やおりものが多いというワケではないのに、デリケートゾーンのにおいが気になってしまうという場合に原因として考えられるのが、このすそわきがです。

▼こちらの記事にすそわきがに関して詳しく書いているのですが
すそわきががニオイの原因!?の記事を見る

すそわきがのことを簡単に説明すると…

すそわきがの場合は、雑菌などがにおいの原因となっているのとは違って、わきがと同じく汗そのものが原因となってしまっているのです。

フェロモンのようなニオイの強い汗を出す汗腺があるのですが、この汗腺はワキやデリケートゾーンに存在していて、このニオイの強い汗を出す汗腺が活発な人ほどニオイが強くなってしまうのです。

すそわきがが厄介なのが、お風呂に入った後などは汗が洗い流されているのでニオイがしないこともあり、次第に汗をかいてくるとニオイが強くなってくるのです。そのためあまり自分がすそわきがだと気づいていない人も多いのです。

汗をかいた時にすそわきががどういったニオイがするのかというと、ワキガと同じで酸味のあるような酸っぱいニオイがするのです。すそわきがのニオイというのは、生理やおりものが多い時に感じるようなニオイとはまた種類が異なるのです。

ちなみに、すそワキガの場合はデリケートゾーンのどのあたりからニオイがするかと言うと、一般的なデリケートゾーンのニオイの発生する場所とは異なって、恥骨のちょうど上あたり(デリケートゾーンの少し上のアンダーヘアが生えている部分辺り)からニオイがすることが多いのです。

生理やおりものが多いわけでもないのに、下着が黄ばんでしまっていたりしてにおいが気になると言う方はすそわきがの可能性が考えられるのです。

ワキのわきがと「すそわきが」って関係あるの?

わきがという言葉を聞くと、一般的にワキのわきがのことを想像しますよね。すそわきがにも「わきが」という言葉が入っているのですが、わきがと関係があるのかというと…関係があるのです。

わきがもワキにあるニオイの強い汗を出す汗腺が活発なためニオイがするのですが、このワキの汗腺が活発な場合はデリケートゾーンの汗腺も活発なことが多いのです。なので、わきがの場合はすそわきがである可能性が高いのです。

すそわきがを根本的に治療しようと思ったら、わきがと同じように美容クリニックなどでにおいの原因となっている汗腺を除去する手術を受ける必要があるのですが、費用は数十万円程度してしまうこともあるのです。

「すそわきがかもしれない…手術をうけないといけないの?」

と考える前に、すそわきがの場合はデリケートゾーンからの汗を抑えることができれば良いので、美容クリニックに行く前に、デリケートゾーンからのにおいの汗を抑えてくれるクリームを使ってみたほうが良いです。数十万円かけてにおいケアをするって、かなり勇気がいると思うので、その前にすそわきがで悩んでいた方達が愛用している、汗を抑えてくれるデオドラントを使ってみてください。

→汗を抑えてくれるデリケートゾーン用デオドラント♪

性病が原因となってしまっている場合のにおいのケア方法

性病がニオイの原因の場合の画像

デリケートゾーンのにおいで一刻も早く対策をした方が良いのが、この性病が原因となってしまっている場合ですね。

よく言われているのは、個人差があるのですが女性の場合は性病になってしまっても自覚症状があまりない人もいるのです。

というのも、女性の場合は日頃から生理痛やかゆみなどがあり、性病にかかってしまったとしても症状が軽いと、普段の生理痛やかゆみなどと同じに考えてしまって見過ごしてしまう方も多いのです。

でも、性病かもしれないと疑ったほうが良い症状の一つに、デリケートゾーンのにおいがあるのです。

▼こちらの記事に女性の性病について詳しく書いているのですが、

⇒まさか性病!?女性の気になる性病の症状って – 女性のデリケートゾーンの悩みを解決!

例えば、クラミジアや淋病や膣トリコモナスになってしまった場合はおりものの量が急に増えてしまったり、おりものからいつもと違うにおいがするといった症状があるのです。

こういうおりものから普段とは違ったにおいがするという場合は、性病かもしれないということを疑っておいて損はありません!症状が酷くなってしまわない内に早めに検査を受けるほうが絶対に良いです。

性病がデリケートゾーンのにおいの原因となってしまっている場合は、性病自体を治さないとにおいがなくなるということは無いので。

とはいうものの、病院へ行って性病検査を受けるのって誰かにバレたらどうしよう…とか一人じゃなかなか勇気がわかないし恥かしいというのもありますよね。そんな女性のために最近では、自宅て性病検査を受けることが出来るサービスが好評なのです。

→誰にも知られずに、正確な性病検査を受けたい女性はこちら

 

この自宅にいながら性病検査を受ける方法だと、誰にも知られることはないので安心して受けられることができます。

「おりものから変なにおいがする…」ということがもしあった場合は、性病かもしれないということを疑ったほうが賢明です。

デリケートゾーンのにおいって彼氏や夫にうつるの?

デリケートゾーンのにおいって、少なくともこの記事をご覧になっていただいている方の場合は、自分でも「なにか臭うかも…」というぐらいでも、ある程度自覚されているのではと思います。

そうやって自分のデリケートゾーンからにおいがしているという自覚がある時って、においに敏感になってしまったり、人のにおいも気になったりということもあるかと思います。

においを気にされている女性でたまにあるのが、「においって人にうつらないの?」ということです。この場合、主に彼氏や夫にデリケートゾーンのにおいがうつらないかを気にしている人が多いのですが、どうなのかというと…

日常的なおりものや生理後のにおいというのは、うつるというのではなく付着するということは考えられるのですが、お風呂やシャワーを浴びることでにおいも洗い流すことが出来るので、心配をしなくても大丈夫です。

ただ、デリケートゾーンのにおいがうつってしまうという場合もあるのです。それが、性病が原因となってデリケートゾーンのにおいが発生している場合なのです。

正確に言うと、においがうつるのではなく性病自体が伝染してしてしまう事なのです。

おりものや生理による日常的なデリケートゾーンのにおいの場合は、病原菌が存在してにおいが発生しているワケでは無いので、においがうつる心配は無いのです。

しかし、性病でデリケートゾーンからにおいが発生している場合は、<spanclass=”b”>性病自体が彼氏や夫にうつってしまうことによって、彼氏や夫からもにおいが…ということも考えられる場合があるのです。

自分だけではなく、彼氏や夫からもにおいがしているという場合は、お互いに性病に感染してしまっている可能性が高いので、互いに性病を治療する必要があるのです。

なので、おりものや生理が原因となっているにおいは、一時的に付着するということは考えられるのですが、気をつけるべきは性病が原因となっているにおいなのです。

もし彼氏や夫からも異常なにおいを感じるという場合は、お互いに性病に感染していないか早めに診察をしてもらいましょう。

デリケートゾーンのにおいケアにオススメの市販の商品は?

市販でにおいケアに使えるのは?の画像

最近ではドラッグストアなどでも市販のデリケートゾーン関連の商品が充実していて、市販されている商品でもデリケートゾーンのにおいケアにおススメの商品がいくつかあるのですが、私の近所のドラッグストアを見る限りでは、デリケートゾーンのにおいを直接的にケアしてくれる商品というのは見たことがないです。

となると、市販の物でデリケートゾーンのにおいをケアするとなると、一番手軽に購入することが出来るのがやはりデリケートゾーン用の石鹸なのです。

デリケートゾーン用石鹸

デリケートゾーン用の石鹸と聞くと「かゆみとかが気になる人が使う物」というイメージがあるかもしれませんが、医薬部外品の物などはにおいケアにもオススメなのです。

というのも性病じゃなくて、すそわきがでも無い場合のデリケートゾーンからにおいがする原因というのは、そのにおいの大部分は雑菌によって発生しているのです。

そのため、においの原因となっている雑菌さえどうにかすることが出来れば、普段に感じるデリケートゾーンのにおいというのは石鹸だけでもケアが出来るはずなのです。

実際、ドラッグストアや量販店で市販している医薬部外品のデリケートゾーンを洗うための石鹸を見てみると「気になるニオイにも♪」なんてことが書かれていたりします。

ただ、ドラッグストアやドンキなどの量販店で市販されているデリケートゾーン用の石鹸って、元々は海外で販売されていた物が多かったりするのです。海外のデリケートゾーン用ソープの場合、敏感肌の方の場合だと肌が突っ張ったり感じる場合もあるのです。

比較的値段が安くてオトクだと思ってしまうのですが、使ってみて肌に合わなかったという場合も考えられるのです。元々海外で販売されていた石鹸の使い心地は▼こちらの記事を参考にしていただきたいのですが、

デリケートゾーンの石鹸いいのは?の画像

デリケートゾーンおすすめ石鹸ランキング!

2015年11月5日

おススメなのは日本人の肌のことを考えて作られたもので、先ほど紹介したコラージュフルフル泡石鹸は最近ではドラッグストアでも見かけることがあり、市販されている石鹸の中ではにおいケアに一番おススメの泡石鹸です。

デリケートゾーン用のウェットシート

石鹸以外にもう一つデリケートゾーンのにおいケアにおススメなのが、デリケートゾーン用のウェットシートです。

デリケートゾーンって家の中ならまだしも、外に出ている時にケアすることってなかなか出来ないですよね?ビデを使ったりする人もいるとは思うのですが、ほとんどの人はトイレの時に拭いたりするぐらいじゃないかなと思います。

なので、デリケートゾーンのにおいが気になる時って、外出中にトイレに入った時が多かったりしますよね。そんな時におススメなのが市販で買うことが出来るデリケートゾーンのためのウェットシートなのです。

ドラッグストアなどでもたまに市販されているのを見かけるのですが、このデリケートゾーン用のウェットシートは言ってみれば携帯できるウェットティッシュみたいなもので、デリケートゾーンのことを考えて作られ、手軽に清潔を保ってくれるのです。

外に出ている時に「ニオイが気になる…」となった場合でも、ウェットシートでデリケートゾーンを拭くだけで雑菌を抑えて気になるにおいをケアしてくれます。

もしかしたら場所によっては市販されているウェットシートの種類が少ないかもしれないですが、結構いろいろな種類が販売されていたりするのです。デリケートゾーンのにおいケアのために一度ウェットシートを使ってみたいという方は▼こちらの記事にウェットシートをまとめているので参考までに。

デリケートゾーン用ウェットシート比べてみたよの画像

デリケートゾーン用のウェットシートってどう?比べてみたよ!

2017年7月8日

アンダーヘアの処理もにおいケアには重要?

アンダーヘアがニオイの元の画像

デリケートゾーンの蒸れや生理・おりものが原因のにおいが気になるという方におススメしたいのが、アンダーヘアの処理です。

アンダーヘアとデリケートゾーンのニオイなんて関係ないんじゃないの?と思ってしまいがちなのですが、アンダーヘアとニオイには深い関係があるのです。どういう関係があるのかというと…

アンダーヘアが長いと蒸れてニオイが強くなる。

アンダーヘアが長いとデリケートゾーンが蒸れやすくなってしまうのです。女性なら髪が長い時にうなじが暑くて汗ばんでしまうという経験をした事があるのではないでしょうか?

それと同じようにアンダーヘアが伸びて長い状態だと、デリケートゾーンも蒸れて汗ばみやすくなり、ニオイが強くなってしまうのです。

アンダーヘアに経血やおりものが絡まりやすくなる。

デリケートゾーンから直接ニオイがしていると思われている人もいると思うのですが、ニオイの原因としてアンダーヘアに絡まった経血やおりものがニオイを強くしてしまっているのです。

ニオイの発生源として、雑菌が経血やおりものなどの分泌物を分解する時にニオイが発生するのですが、アンダーヘアが長い状態だと経血やおりものが絡まりやすく、また日中は長時間アンダーヘアに分泌物が絡まった状態が続いてしまうので、雑菌にとっては栄養分が常にある状態なのです。

そのため、アンダーヘアが長ければ長いほど経血やおりものが絡まりやすくなり、その結果雑菌が分解する分泌物の量も増えてニオイが強くなってしまうのです。

・アンダーヘアが長いと蒸れやすくなる。

・アンダーヘアが長いと分泌物が絡まりやすくなる。

この2つの理由から、アンダーヘアが伸びすぎてしまっているとデリケートゾーンのニオイが強くなってしまうということが考えられるのです。

なのでニオイが気になってアンダーヘアも伸びているという方は適度にアンダーヘアをカットするのがニオイケアにも繋がるのです。

ですが…

アンダーヘアをハサミを使って雑に切ってしまうとかゆみの原因にもなりかねないので、アンダーヘアをカットする前に↓こちらの記事を参考にしてみてください。

アンダーヘアをハサミで?の画像

アンダーヘアの処理はコレがベスト!

2016年3月21日

黒ずみとニオイって関係あるの?

黒ずみとニオイの関係の画像

ニオイを気にされている女性の中には、「デリケートゾーンが黒ずんでいるからニオイがしているのかも…?」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かにデリケートゾーンの肌の黒ずみやニオイが気になってくると、「何か関係あるんじゃないの?」と思ってしまいますよね。私がデリケートゾーンが酷く痒くなってしまった時も何が原因かわからなくて、持っていた下着やデニム、さらにはスカートまで全部洗濯をしたという記憶があります。(笑

何となく黒ずみとニオイって関係がありそうな気もするのですが、安心してくださいw黒ずみとニオイには直接的な関係は無いのです。

黒ずみの原因というのはあくまでもメラニン色素の沈着が原因で、例えば夏に日焼けをした肌からニオイがするかと言えば、そんなことはまず無いですよね。それと同じでデリケートゾーンの黒ずみとニオイというのは直接的な関係が無いのです。

関係があるとするならば、肌のターンオーバーが乱れてしまっているということぐらいなのです。

ただ忘れてはいけないのが、女性の中にも「黒ずみとニオイが関係あるかも?」と思われる人もいるように、男性の中にも「黒ずんでいるからニオイが…」とか思う人がいるかもしれないということです。

男性って女性の体に対して、女性よりも「こうでなくてはいけない。」みたいな幻想めいたものを持っていますよね(笑)女性からすれば「なにそれ?そんな女いるわけ無いじゃんw」みたいな感じですけど。

でも、やっぱりニオイケアをすることは大事なんですが、デリケートゾーンの見た目のケアも出来る限りはしておいた方が良いですよね。黒ずみとニオイには直接的な関係は無いのですが、黒ずみも気になるという方は↓こちらの記事も。

⇒デリケートゾーンの黒ずみケアの記事はこちら。

生理の経血量が多いとにおいは強くなってしまう。

においと生理にはやはり直接的な関係があるのですが、生理の期間や経血の量などは人によって様々です。

生理の期間が長かったり経血量が多かったりすると、それだけデリケートゾーンが蒸れたり雑菌なども増えやすく、生理期間中はお風呂で洗ったとしてもすぐににおいが気になって…という状況になってしまいます。

経血量が多くなる生理の症状は実際にあって、過多月経という症状です。過多月経については下記の記事に詳しく書いていますが、

※過多月経の記事へのリンク

経血量が多いと必然的ににおいに悩まされる事も多くなるのです。なぜ過多月経になってしまうのかという原因については、ホルモンの影響によるものが多いのですが子宮や膣のトラブルなどが関係している可能性も考えられるのです。

デリケートゾーンのにおいが気になるけれど、よくよく考えてみれば経血量が以前と比べて多くなっているような気がする…という事に心当たりがある方は、先ほどの過多月経の可能性を考えてもいいかもしれません。

例えば、生理のピークの時には生理用品を1時間おきぐらいに変えないと漏れてしまいそうでという方や、経血の多い状態が何日も続くという方の場合は、においの対策の前に婦人科などで相談される事を優先にした方が良いです。

においが気になるからなんとかしたいというのは勿論なのですが、生理期間が長かったり経血量が多い場合は、一時的なにおいケアをするよりも生理の問題を解決することが一番のにおいケアになるはずなので。

過多月経でデリケートゾーンがの画像

過多月経で経血が増えて…どうすればいいの?

2017年6月27日

におい対策には膣洗浄をした方がいいの?

現在、デリケートゾーンのにおいの事が気になっているという方の中には「膣洗浄をしたら、においが気にならなくなるかも!?」と考えられている方もいらっしゃるかと思います。

大きめのドラッグストアへ行けば、膣洗浄を行うことが出来る商品が販売されていたりするのですが、膣洗浄の商品をいくつか試したことがある私の意見なのですが…

確かに膣洗浄をすることで、生理が終わりそうかな?という頃や、おりものが多い時に感じるにおいは軽くすることが出来るのですが、原因が他にも考えられる場合は膣洗浄をしても一時的なものでしかない。

というのが実際に膣洗浄のグッズを試してみて感じた事ですね。膣洗浄によって膣内に滞留している経血やおりものを洗い流して、においを軽くすることは出来るのですが、膣内以外に原因がある場合は、膣内洗浄をしても一時的なにおい対策にしかならないのではないかな…というのが率直な意見ですね。

もし、生理後のにおいが長引いていたり、おりものが多い時だけにおいが気になるのであれば、膣洗浄を試してみる価値はあると思います。そういった時以外でも日頃からデリケートゾーンのにおいが気になっている方の場合は、一時的な対策になってしまうという可能性も。

膣洗浄をするとして、気をつけるべきポイントがあるので紹介してみると…

シャワーなど水道水で膣洗浄をしない。

意外と多いのが、膣洗浄と聞いて単に洗浄すればいいと思って、シャワーなどを使って水道水で洗ってしまう方が多いのです。衛生面や膣内の常在菌のことなどを考えると、水道水で洗うのは好ましくありません。なので、膣洗浄をするときは精製水が使われている膣洗浄専用の洗浄器を使うのがおススメです。

頻繁に膣洗浄をしない。

膣洗浄を頻繁にしてしまうと膣内の自浄作用が逆に弱まってしまい、雑菌が増えやすい状況を作ってしまうという事も考えられるのです。そのため膣洗浄をするときは、日常的に頻繁にするのではなく、生理後のにおいが気になる時や、おりものが多い日などに行うようにするのがベストです。

デリケートゾーンのにおい対策として、膣洗浄を行うことでデリケートゾーンのにおいケアができる場合もあるのですが、日常的に日頃からにおいが気になる場合は、膣洗浄だけではなく他のにおいケアを行う必要があるのです。

下着を変えるだけでもニオイはケアできる!?

蒸れはデリケートゾーンの敵の画像

デリケートゾーンのニオイの原因には、雑菌が繁殖するということとデリケートゾーンの汗の2つがニオイの主な原因だということを書きましたが、この2つのニオイの原因を知らないうちに手助けしてしまっていることがあるのです。それがデリケートゾーンの蒸れなのです。

デリケートゾーンは下着やストッキングなどに覆われているので、蒸れやすいということはほとんどの女性が経験をしたことがあるんじゃないかと思います。この蒸れが雑菌や汗を増やしてニオイをさらに強くしているのです。

例えば、湿度の高い6月などはキッチンなどでも雑菌が繁殖しやすくて、食中毒になってしまったなんていう話をよく聞きますよね。そうなんです、雑菌にとって湿度の高い場所というのは、大好物なのです。

これはデリケートゾーンにとっても同じことで、下着などで蒸れてデリケートゾーンの湿度が高くなってくると雑菌は繁殖しやすくなり、また必然的に汗もかきやすくなります。これがデリケートゾーンのにおいがさらにキツく…というのは想像できますよね。

なので、デリケートゾーンのにおいケアをするのであれば、通気性の良い下着を選んで普段からデリケートゾーンの蒸れ対策をしてあげるのも効果的なのです。

この通気性の良い下着を選ぶというのは、におい対策だけではなくて、かゆみなどにも有効なのです。

実際私の場合、生理後のニオイとかゆみに悩まされていた時期があったのですが、下着をちょっと良い通気性の高いものに変えるだけでも随分変わりましたね。もし今ニオイに悩んでいて、下着は適当にデザインが気に入ったものを使っているだけという方は、一度通気性の良い下着を使って過ごしてみてください。

下着を変えるというたったそれだけのことでも、デリケートゾーンの蒸れが軽くなってニオイも軽くなっているということが実感できますよ。

デリケートゾーンのにおいって食べ物で変わるの?

体臭と食べ物の関係って女性誌などでもたまに言われていたりするのですが、デリケートゾーンのニオイと食べ物って関係あるのでしょうか?これは私の仕事の関係で、一度栄養士の人から聞いたことがある話なのですが、

動物性の脂質を摂ることが多いと、体臭が強くなる。

ということは言われているのですが、普通の一般的な食事での動物性脂質を摂取したぐらいでは、「体臭がキツくなった。」なんていうことはほとんどわからないぐらいとのことでした。

イメージとして毎日のように3食とも肉をメインに食べているとなると、多少なりとも体臭が強くなるかも?という感じはありますよね。そういった偏った食事をしていなければ他食べ物が体臭に与える影響というのは、それほど考えなくても良いということなのです。

もちろん栄養バランスを考えた食事をすることがベストなのですが、例えばデリケートゾーンのニオイが気になるからといって、動物性の脂質を避けて野菜ばかりを食べたとしてもスグに改善するものでは無いのです。

性病などでは無いデリケートゾーンのニオイの原因は、経血やおりものに集まってくる雑菌や蒸れなどによるものなので、そういった原因を解決してあげないとデリケートゾーンのニオイを根本的に改善することはできないのです。

食べ物がニオイに与える影響というのも少なからず考えることができるのですが、食べ物によるニオイの改善というのは、あくまでも基本的なニオイケアをした上での補助的なものと考えた方が良いですね。

女性なら誰でもデリケートゾーンのにおいが気になる時期がある。

デリケートゾーンのにおいのこといについて紹介してきましたが、においが気になる原因というのは人によって違うのですが、ほとんどのデリケートゾーンのにおいは必ず何かしらの原因があるのです。

あと、今現在においを気にしていて「においを無くしたい!」と思っている方に覚えておいていただきたいのが、女性にはデリケートゾーンのにおいが強くなりやすい時期がある。ということです。

例えば季節の時期というのも、においが強くなりやすい時期の一つなのです。汗ばむような気温が高くなってくる季節になってくると、デリケートゾーンは体温と気温の影響によって蒸れやすくなり、においが気になることが多くなるのです。「汗をかく季節になると毎年においが気になって…」という方も多いのではないでしょうか。

また、女性の体調の変化による時期も、デリケートゾーンのにおいが気になる時期の一つなのです。どちらかというと季節よりも、この体調の変化の時期によるにおいの方が気になる、という女性の方が多いのです。

体調の変化による時期がいつなのかというと、

・生理中や生理後

・妊娠中や出産した後

・体調を崩した時

・閉経後

などです。生理中や生理後のにおいに関してはほとんどの女性が経験があるのではないかと思います。意外かもしれませんが、妊娠してからや出産した後で急にデリケートゾーンのにおいが気になりだしたという女性は多いのです。

その他にも体調を崩している時などもオリモノが増えやすく、また閉経後になってからにおいが気になる方も多いのです。

デリケートゾーンのにおいが気になりだすと「においを完全に無くしたい!」と思ってしまいますが、女性にはどうしてもにおいが強くなる時期があるので、そういった時期には多少においがしてしまうというのは仕方のないことなのです。ただ、においケアをすることで、ある程度においは軽くすることが出来るのです。

なのでストイックに「においを完全に無くしたい!」と考えるのではなく、においが強くなる時期はある程度気になるのは仕方ないと割り切って考える方が、気持ち的に楽にケアすることができますよ。

デリケートゾーンのにおいに季節は関係ない!?

「デリケートゾーンのにおいが気になる季節」と聞いて、どんな季節を想像しますか?多くの方が蒸し蒸しと暑い夏を想像されたのではないでしょうか。

たしかに梅雨から夏にかけての季節って、食べ物も腐りやすいですし、生ゴミなんてちょっと置いてるだけで気温や湿度のせいでスグに臭くなってしまいますよね。(笑)

ゴミの例えが合っているのかは別にしてw体臭が気になるのは、外に出るだけでも汗をかく夏が一番気になるという人が多いのです。その証拠に夏場にドラッグストアに行けば、 ワキや汗の消臭対策グッズが所狭しと並んでいますよね。

やはり汗をかくと体臭が気になってしまうので、汗がかきやすくなる夏は必然的に体臭が気になってしまうのです。

しかし、です!(笑)

デリケートゾーンの場合は、ニオイが気になるのは夏だけとは限らないのです。女性の場合は冷え性の方も多く、冷え性対策として下着の上からタイツなどを穿いたりすることでデリケートゾーンの蒸れを引き起こしてしまい、そんなに汗をかかなくなったはずの秋や冬にも、デリケートゾーンが蒸れてにおいが気になるというのは十分にあり得るのです。

例えば、冬に汗をかいているわけでもないけど、ブーツを履いていて蒸れてしまって足が臭くなってしまう…なんてこともありますよね。それと同じで、

デリケートゾーンのにおいは季節関係なく気になることがある。

という事です。夏はデリケートゾーンのにおいケアを頑張るのですが、秋や冬が近づいてくると、汗もそんなにかかなくなったからと油断してしまうのはダメなのです。

逆に冬の方が夏よりも防寒対策のためにデリケートゾーンが蒸れてにおいが強くなってしまうというのはあり得る事なのです。「デリケートゾーンのにおいが気になるのは夏だけ。」と考えていた方は、冬もにおいに注意をしてケアをするように心がけるようにしましょう。

デリケートゾーンのにおいケアはできる!

においはケアできるの画像

今回はデリケートゾーンのにおいケアに関することを、かなり長めにw書いてしまいましたが、思っている以上にデリケートゾーンのにおいに悩んでいる女性って多いのです。

私もそうだったのですが、ほんと自分だけで悩んでいるのならまだしも、彼氏や夫に知らず知らずのうちににおいで迷惑をかけている…なんてこと想像したくもないですよね。

デリケートゾーンのことって人には相談しにくいですが、においのことなんて一段と相談しにくいことですよね。

でも、いくつか書いたようににおいの原因を知ってそれにあったケア方法をしてあげれば、においを抑えることって出来るのです。生理やおりものって女性の体の仕組み上どうしようも無いことなのですが、だからといって何もしないのではなくて、においが気になっているのならば一度この記事紹介をしたにおいケアの方法を試してみてください。

においに悩んでた時間がもったいなかった♪

そう思えるハズです!

2 件のコメント

  • イビサクリームの石鹸版が出てますが、
    あれはどうなんすか?
    ほかのサイトでは結構紹介されてるんで、気になってます。

    • コメントいただき、ありがとうございます!
      イビサソープに関してですが、実は私も持っていて試しに使っていますw

      実際に使用した経験を元に商品の紹介をさせていただきたいなと考えておりまして、
      現在準備を進めています。
      もう少しの間実際に試してみて、その感想を書かせていただきますので、もう少々おまちください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です