デリケートゾーンの乾燥はこれでケアできる♪

デリケートゾーンの乾燥をケアの画像

顔のお肌の場合、冬は肌が乾燥しがちになってしまったり、夏は皮脂が多くなったり季節によって肌に変化がありますよね。

肌が乾燥したり皮脂が過剰に分泌されている時に必要なのが、保湿です。

それと同じように、デリケートゾーンの肌も乾燥したり皮脂が多くなったりということが起こるのです。

むしろデリケートゾーンの方が顔よりも肌が乾燥しやすいのです。

 

デリケートゾーンの肌に潤いが足らなくて乾燥している時に気をつけないといけないのが、

乾燥が原因で様々なトラブルを引き起こす可能性がある。

ということです。

 

デリケートゾーンの肌の乾燥がトラブルの原因に

 

デリケートゾーンが乾燥すると、かゆみや痛みなどのトラブルだけでなく、さらにはニオイや黒ずみなどの間接的な原因にもなりかねないのです。

もし今、デリケートゾーンにムズムズするようなかゆみがあったり、チクッとするような痛みを感じている場合、すでにデリケートゾーンの肌が乾燥している可能性があります。

 

でもご安心を、

デリケートゾーンも保湿して乾燥をケアすることができます。

ただ顔と違って、デリケートゾーンの場合は保湿の方法がわからなかったりしますよね。

そこで今回は乾燥したデリケートゾーンの保湿について紹介します。

デリケートゾーンの乾燥のケア方法を紹介

 

デリケートゾーンを保湿するには3つの方法がある。

デリケートゾーンを保湿する3つの方法

先ほどデリケートゾーンが乾燥していたとしても、顔と同じように保湿することができると紹介しました。

もっと具体的に言うと、デリケートゾーンを保湿には3つの方法があります。

デリケートゾーンを保湿する3つの方法
  • デリケートゾーン石鹸による保湿
  • デリケートゾーン用化粧水による保湿
  • デリケートゾーン用保湿クリームによる保湿

これが3つの保湿方法です。

 

化粧水・石鹸・保湿クリームどの方法でも「保湿をする」という意味では同じなのですが、保湿力やデリケートゾーンの肌をどうしたいかによって使い分ける必要があるのです。

3つのそれぞれの保湿方法がどんな人におススメかというと…

デリケートゾーン石鹸による保湿

デリケートゾーン石鹸で保湿

デリケートゾーン石鹸による保湿は、肌の乾燥だけでなくニオイやムズムズも気になるという人におススメの方法です。

デリケートゾーンの乾燥は、普段使っている石鹸が肌に必要な潤いまでを洗い流していることが原因になっていることが考えられます。

保湿成分がタップリ入っていて、なおかつ洗浄力が優しいデリケートゾーン石鹸を使うことで保湿ができるのです。

それに、デリケートゾーン石鹸を使うことで雑菌や乾燥によるムズムズ、気になるニオイもケアすることができます。

⇒乾燥だけでなくムズムズやニオイも気になっている人はこちらのデリケートゾーン石鹸ランキングを

デリケートゾーン用化粧水による保湿

デリケートゾーン化粧水による保湿

デリケートゾーン用の化粧水を使った保湿は、肌の乾燥だけをケアできれば良いという人におススメです。

顔よりも肌が敏感なデリケートゾーンに使うことを考えて、無添加・天然成分で作られた刺激の少ない化粧水です。

肌の乾燥だけが気になるという人は、この化粧水を使った保湿で大丈夫です。

⇒デリケートゾーン用化粧水がコレ

デリケートゾーン用保湿クリームによる保湿

デリケートゾーン保湿クリームによる保湿

デリケートゾーン用保湿クリームを使った保湿は、乾燥と黒ずみが気になっている人におススメの方法です。

デリケートゾーン用保湿クリームは先に紹介した化粧水よりも保湿力が高く、表面的な肌の乾燥だけでなく美容液のように肌の奥まで潤いを届けてくれます。

それに保湿クリームには美白成分が入っていて、多くの女性が気にしているデリケートゾーンの黒ずみもケアすることができます。

⇒保湿して見られたくない黒ずみケアもできる人気NO1のデリケートゾーン保湿クリーム

 

3つの保湿方法を紹介しましたが、それぞれに違いがあることがお分かりいただけましたか?

デリケートゾーンの肌が乾燥している人の場合、肌の乾燥だけでなくムズムズや黒ずみなど何かしら他のデリケートゾーンのトラブルも気になっている人が多いです。

乾燥だけでなくムズムズしたかゆみや黒ずみが気になっている人には、

・デリケートゾーン石鹸を使った保湿

・デリケートゾーン用保湿クリームを使った保湿

この2つの方法がおススメです。

せっかくケアをはじめるなら、デリケートゾーンの乾燥だけでなく同時にムズムズや黒ずみもケアできた方が良いですよね♪

デリケートゾーンが乾燥する原因それはこんな事

デリケートゾーンの乾燥の原因 デリケートゾーンが乾燥する原因のキャプション

下着や生理用品などで、デリケートゾーンって蒸れているというイメージがありますよね。

蒸れているということは、デリケートゾーンの肌は汗や皮脂がたくさん出ているから、潤いがあると思っていませんか?

実はその逆で、多くの女性の場合デリケートゾーンの肌は乾燥している事が多いのです。

 

一つ覚えておいていただきたいのが、

デリケートゾーンの肌は体の中でも特に乾燥しやすい。

ということです。

 

デリケートゾーンは蒸れたり汗をかいたりしやすい場所ですが、むしろ体の他の部分よりも乾燥しやすい場所です。

なぜデリケートゾーンの肌が乾燥しやすいのかというと、こんな理由があります。

デリケートゾーンが乾燥しやすい理由
  • 肌が薄いため潤いをキープする力が弱い
  • もともと乾燥肌体質のため
  • 下着や生理用品に擦れて潤いが奪われる。
  • 洗いすぎで肌に必要な皮脂まで洗い流してしまっている。

こうした事が原因でデリケートゾーンは潤いが足らず乾燥しがちになっているのです。

顔の肌の場合だと、人から見える部分なので乾燥やテカりのケアをちゃんとしているという女性は多いです。

しかし、デリケートゾーンの乾燥となるとケアをしていない人が多いです。私もそうだったので人のことは言えないのですが…(笑

デリケートゾーンこそ保湿が必要!

というのがお分かりいただけたかと思います。

 

デリケートゾーンが乾燥する原因の中でも、特に知っておいていただきたいのがる次の3つです。

潤いをキープする力が弱い

乾燥して困ってる女性の画像

デリケートゾーンの肌を触ってみると分かると思うのですが、腕や足の肌と比べると皮膚自体がとっても薄いです。

そのため肌が潤いを保っていられる保湿力が弱く、水分を肌の中に閉じ込めておく事が苦手なのです。

下着や生理用品に擦れて潤いが奪われる。

下着や生理用品に擦れる

例えば、ほっぺたの肌を長時間タオルで擦っていたらどうなるか想像してみてください。

肌の水分が奪われて、真っ赤になってヒリヒリしているのが目に浮かびますよね?

タオルで擦るとまでは言わないまでも、デリケートゾーンの肌とは歩いたり座ったりする度に下着や生理用品と常に擦れています。

そうなると、ただでさえ薄くて保湿力の低い肌から、さらに潤いが奪われて乾燥しダメージを負ってしまうのは当然のことです。

洗いすぎによって必要な皮脂まで落としている。

体を洗ってる画像

これも顔の肌と同じなのですが、女性の場合は顔を洗う時は潤いを気にしてちゃんと洗顔料を使いますよね。

もし、顔をボディソープで洗ったとしたら潤いが無くなりすぎて…パキパキになりますよね(笑

それと同じ事をデリケートゾーンにはしてしまっているのです。

デリケートゾーンも顔と同じように、保湿をしてくれる潤い成分がタップリ入った専用石鹸で洗うべきなのですが、ボディソープで洗っているという人がほとんどで、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまっているのです。

その上、アフターケアもしないとなると、乾燥してしまうのは明らかですよね。

 

こうした何気ない普段の習慣が積み重なって、デリケートゾーンの乾燥を起こしているのです。

デリケートゾーンが乾燥するとこんなトラブルが…だから保湿が必要!

乾燥からかゆみや痛みが 乾燥すると肌が敏感になりかゆみや痛みが

デリケートゾーンが乾燥しやすいことは、ここまで読んでいただけてお分かりいただけたかと思います。

でもまだ「なぜデリケートゾーンに保湿が必要なの?」と疑問を感じている人もいると思います。

たしかに「乾燥しているかな~」と感じるだけで済むのであれば、わざわざデリケートゾーンを保湿しようなんて思わないですよね。

 

しかし、デリケートゾーンが乾燥しているなら保湿は必要です!

しつこいようですが。笑

 

なぜデリケートゾーンに保湿が必要かというと、デリケートゾーンが乾燥することによって、ムズムズチクチクが発生するからです。

可愛く言ってしまいましたが(笑)

乾燥はかゆみや痛みの原因になることがあるのです。

まず乾燥でなぜかゆみを感じるのかを説明すると…

乾燥でかゆみを感じる原因

 

乾燥した状態の肌が下着や生理用品に擦れるとかゆくなる。

生理用品のイラスト

デリケートゾーンが乾燥すると刺激に弱い状態になります。

そんな乾燥して刺激に弱い状態の時に下着や生理用品が擦れてしまうと、乾燥していない時よりかゆみを強く感じてしまうのです。

 

冬などに顔の肌が乾燥している時に、かゆくなって無意識にかいていた経験ってありませんか?

この顔のかゆみは髪の毛や空気中のゴミなどが乾燥状態の肌に触れるとかゆみが起こってしまうのですが、デリケートゾーンも同じで肌が乾燥していると過敏になり、下着・生理用品、それにアンダーヘアが肌に触れるだけでもかゆくなることが。

 

乾燥すると皮脂が余分に出て雑菌が増えかゆみが。

雑菌のイラスト

デリケートゾーンが乾燥してかゆみを感じる原因の一つに、乾燥を防ぐために皮脂が余分に出て雑菌が増えやすくなることがあります。

皮脂の分泌が適量であれば雑菌が増えすぎることは無いのですが、デリケートゾーンの乾燥が進むと皮脂の分泌量が増え、皮脂の量が増えるほど雑菌も集まりやすくなり、デリケートゾーンがかゆくなってしまうのです。

 

デリケートゾーンが乾燥してかゆくなってしまうのは、

乾燥でかゆくなる原因
  • 乾燥でデリケートゾーンの肌が過敏になる。
  • 乾燥で皮脂が余分に出て雑菌が増えてしまう。
この2つのことが原因となり、デリケートゾーンが乾燥するとかゆくなるのです。

 

また乾燥によるかゆみ以外にも、チクチクしたりヒリヒリするような痛みを感じることもあります。

次は「なぜデリケートゾーンが乾燥すると痛みを感じるの?」という事について紹介します。

乾燥して痛みを感じる原因

 

乾燥で小さい傷が出来やすくなりチクチクが

小さい傷の画像

デリケートゾーンが乾燥していると肌は傷つきやすくなります。ちょっとした摩擦でも肌に小さい傷ができてしまうのです。

乾燥状態が続いてその小さい傷が増えていくと、チクチクとした痛みを感じはじめます。

 

唇が乾燥してしまってカサカサになり、口を開けた時に唇が切れてしまったことってありませんか?それと同じようなことがデリケートゾーンが乾燥していると起こるのです。

唇の場合は乾燥で切れないようにリップを塗りますよね。同じように傷を作らないためにデリケートゾーンも保湿が必要なのです。

無意識にかいて、かゆみから痛みに。

かいて痛みに

デリケートゾーンが乾燥すると、まずかゆみを感じることが多いのです。

かゆみを感じた時、無意識に掻いてしまうことで肌が傷つきかゆみが痛みに変わります。

以前に私もかゆみに悩まされたのですが、かゆみがだんだん痛みと混ざってくるんですよね。

この痛かゆい状態がめっちゃツラいです。本当に。笑

 

デリケートゾーンの乾燥から痛みを感じてしまう原因がこの2つです。

乾燥で痛くなる原因
  • 肌が弱っているのでちょっと擦れただけでも傷ついてしまう。
  • 無意識の内に掻いてしまって炎症を起こしてしまう。
こうしたことから痛みを感じるのです。

 

デリケートゾーンはただでさえ、不快感を感じやすい部分ですが、さらに乾燥によるかゆみや痛みが重なってしまうと…我慢できなくなるのはわかりますよね。

 

しかし、デリケートゾーンの乾燥が引き起こすのはかゆみや痛みだけではありません。

デリケートゾーンの保湿を怠って、乾燥が進行するとさらに別のトラブルを引き起こしてしまう可能性もあるのです。

そのトラブルというのが…

デリケートゾーンを保湿せず乾燥が進むと黒ずみやニオイも

乾燥を放置すると黒ずみにも 乾燥で黒ずみやニオイが強く

そうなんです、デリケートゾーンが乾燥しているにも関わらず、保湿をせずに乾燥がひどくなると、肌の黒ずみやニオイも引き起こしてしまう可能性があるのです。

乾燥によるかゆみなどの場合は、ドラッグストアなどで販売されているフェミニーナ軟膏などを塗れば、比較的早く押さえることができます。

 

しかし、デリケートゾーンを保湿せずに黒ずみにまでなってしまうと、すぐに黒ずみをケアするのはなかなか難しいです。

なぜデリケートゾーンの乾燥が黒ずみやニオイも引き起こすのかを説明すると…

乾燥状態が続くとメラニンが作られ黒ずみに

肌の黒ずみ画像

デリケートゾーンの黒ずみは、生まれつきや紫外線によるものと思われている人も多いです。

実はデリケートゾーンの乾燥によっても黒ずみやすくなるのです。

乾燥している肌が擦れてしまうことにより、黒ずみの原因となるメラニンが生成されて黒ずんでしまうのです。

デリケートゾーンが乾燥した状態が続くと肌が外からの刺激に弱くなります。

 

普段なら何でもないような下着や生理用品との擦れも肌が刺激を受けたと感じてしまい、肌を刺激から守ろうとしてメラニンが生成されてしまい黒ずみが出来てしまうのです。

それにデリケートゾーンの肌が乾燥してしまっているということに自覚がある場合は、ターンオーバーが正常に行われていない可能性があり、色素が沈着しやすくなっています。

簡単に書きましたが、保湿をしないとデリケートゾーンの乾燥が黒ずみの原因になることがあるのです。

デリケートゾーンの黒ずみに関しては↓の記事に詳しく書いていますのでご覧ください。

⇒デリケートゾーンの黒ずみはキレイにできる!

乾燥で雑菌や皮脂が増えてニオイが強く

ニオイを感じてる女性の画像

「さすがに肌の乾燥とニオイって関係ないじゃないの?」

と思いませんでしたか?私もまさか乾燥とニオイが関係あるなんて思っていませんでした。

でも、乾燥とニオイは実は関係があるのです。

 

デリケートゾーンが乾燥している状態が続くと、肌の状態も悪くなり肌を守るバリア機能も弱くなります。

バリア機能が弱くなるということは、雑菌が増えやすくなり雑菌が皮脂などを分解するときにニオイが発生します。

そうです、雑菌が増えれば増えるほどニオイが強くなるのです。

それと、肌が乾燥していると肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が乱れやすくなります。

ターンオーバーが乱れ、古い角質や老廃物などが毛穴に詰まってしまうことも、ニオイの元となってしまうのです。

乾燥による黒ずみやニオイのほうが辛い

 

デリケートゾーンに潤いが足らず乾燥状態が続いてしまうと、このように黒ずみやニオイの原因にもなることが考えられます。

「かゆみや痛みだけじゃなく、黒ずみやニオイも…!?」

「どうしたらデリケートゾーンを保湿できるの?」

デリケートゾーンの乾燥によるデメリットってほんとにいろいろあるので、なんとかしたいとなりますよね。

でも、顔のスキンケアと同じように、デリケートゾーンのための化粧水や乳液があるわけではないのです。

 

じゃあどうすればデリケートゾーンの乾燥を防いで潤いをキープできるのかというと…

その答えは、デリケートゾーンの潤いをキープしてくれる保湿力の高い石鹸を使うのがおススメです。

次の項目でデリケートゾーンの乾燥に特におススメの石鹸を紹介しますが、先にその石鹸を見たいという方は↓こちらを

⇒乾燥によるデリケートゾーンのニオイをケアしてくれる人気の石鹸

デリケートゾーンを保湿すればメリットがこんなに♪

乾燥を保湿すればこんなメリットが デリケートゾーンの保湿でメリットが

乾燥による暗い話ばかりしてきましたが…笑

デリケートゾーンの肌の乾燥を放置してしまう事で、様々なトラブルを起こしかねないのですが、でもこれって…

裏を返せば、デリケートゾーンを保湿できたらメリットがたくさんある♪

ということなのです。ポジティブに考えて行きましょう(笑

 

そうなんです、実際にデリケートゾーンを保湿する事で得られるメリットはいろいろあります

スキンケアの基本は保湿とも言われるように、デリケートゾーンの保湿をする事でこんなメリットがあるのです。

デリケートゾーンを保湿するメリット
  • 肌の乾燥を防げる
  • デリケートゾーンのかゆみや痛みの予防
  • 黒ずんでしまった肌のケア
  • デリケートゾーンのにおいの軽減

こうしたデリケートゾーンの代表的なトラブルのケアに繋がるメリットがあるのです。

 

デリケートゾーンの場合も顔のスキンケアと同じように、保湿をするのは大切なことなのです。

「今までにデリケートゾーンの保湿なんてしたことない」

という人も多いと思うのですが、そういう人こそちょっと保湿をするだけで「デリケートゾーンが快適になった♪」というのが分かりやすいです。

保湿だけでデリケートゾーンは快適に

 

こんなにメリットがあるのに、デリケートゾーンの保湿をせずに乾燥したまま放ったらかしにしているって、もったいないと思いませんか?

それに、かゆみや黒ずみが酷くなってから「あの時ちゃんとしていれば良かった…」なんて思っても、今よりケアに時間がかかってしまいます。

難しく考えたり、高価な美容液を使ったりする必要はないです。

手軽にしかも簡単にデリケートゾーンの保湿をするためには、

デリケートゾーンの保湿専用の石鹸

デリケートゾーンの保湿ができる石鹸

(次の項目で詳しく紹介。)

コレを使ってあげれば良いだけなんです。

デリケートゾーンの乾燥に最適な保湿◎な専用石鹸

乾燥には保湿成分がたっぷり入った石鹸を

デリケートゾーンの乾燥によって引き起こされるかゆみや痛み、さらには黒ずみやニオイ。

これらをケアするためには、何よりもデリケートゾーンに潤いを与えて乾燥から守ってあげることが大切

 

潤いを与えるためには、デリケートゾーンを洗う時に汚れや皮脂を単に洗い流すだけだと乾燥してしまうのですが、洗う時に

洗浄成分が優しく保湿成分がタップリと含まれた石鹸

を使ってあげることで、皮脂を必要以上に洗い流さず、デリケートゾーンに潤いを与え乾燥から守ってあげることができるのです。

 

保湿力の高い石鹸で洗うだけ

 

特別な化粧水や乳液をデリケートゾーンに使うというのではなく、この洗う時に潤いを与えてあげるという方法が何よりもデリケートゾーンの乾燥ケアになるのです。

乾燥のトラブルに悩む人から選ばれているデリケートゾーン石鹸がコレです。

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

 

アンボーテフェミニーナウォッシュの画像

アンボーテのフェミニーナウォッシュは、デリケートゾーンの乾燥に悩まされている方にベストなデリケートゾーン専用石鹸です。

なぜ乾燥に悩む方にとって最適な石鹸なのかというと…

デリケートゾーンを清潔にするだけの石鹸ではなくて、皮脂の洗い流し過ぎによる乾燥を防ぎ、オーガニックな天然のエキスでデリケートゾーンの汚れを落としつつ天然の潤い成分が洗いながらデリケートゾーンにたっぷり潤いを与えてくれます。

 

そのため、よくあるボディーソープや石鹸で洗った後に感じる肌の乾燥がありません。

なので皮脂が余分に分泌されることがなく雑菌も増えないので、乾燥によるかゆみを防ぐことができます。

それだけでなく!笑

アンボーテフェミニンウォッシュには潤い成分もタップリ入っています。

だから洗い終わって時間が経ってもデリケートゾーンの肌がプルプルと潤っているのです。

そう、潤い成分のおかげで肌が傷つくことも少なくなり、使っていく内に肌の状態も良くなってくるのです。

その結果!笑

乾燥によって引き起こされる黒ずみやニオイのケアにも繋がるというワケです。

フェミニーナウォッシュで洗うだけで、これだけのことができるのです。

1週間ほど使っている内に、デリケートゾーンの肌の乾燥が変わってくるのが実感できるはずです。

 

認定済みの安心できるオーガニック成分

洗顔料や化粧品でも

「オーガニックなので敏感肌でも安心!」

なんていう商品をよく見かけますよね。

このアンボーテのフェミニーナウォッシュもオーガニックがポイントになっています。

しかし、アンボーテの場合はヨーロッパのオーガニック認証団体COSMOSの認証基準を日本で初めてクリアした、本当のオーガニック石鹸なのです。

そのためデリケートゾーンのような特に敏感な肌の部分でも安心安全に使うことができるのです。

 

デリケートゾーンの乾燥によるトラブルを潤いによって守り、オーガニックで安心して使えるアンボーテのフェミニーナウォッシュ。

パッケージやボトルも女性のことをよーく考えられています。

バスルームに置いていたり旅行に持って行っても、デリケートゾーン石鹸とわかりにくいオシャレなデザインにしてくれています。

デリケートゾーンの乾燥していてかゆみや痛みに悩まされてる。

黒ずみやニオイは絶対にイヤ!

アンボーテのフェミニーナウォッシュを使えばデリケートゾーンの乾燥に悩まなくなりますよ♪

▼顔の肌が乾燥したままだとどうなる…?デリケートゾーンも早めに!
ボタン

デリケートゾーンが乾燥することで、かゆみや痛みが出てしまうというのは、もちろんイヤなことですよね。

さらに黒ずみやニオイまでとなってくると、コンプレックスになったりすることも考えられます。

 

そんなことにならないためにも「肌が乾燥しているだけ」なんて軽く考えず、早めにケアを始める方が絶対に良いです。

 

もし顔の肌の一部が乾燥していたら、肌トラブルの原因になりかねないのが分かっているから、化粧水などを使って慌てて乾燥のケアをしますよね?

デリケートゾーンの乾燥も肌が乾燥しているだけではなくて、他のトラブルに繋がってくる可能性も十分に考えられるのです。

もし今、ちょっとでも乾燥が気になっているのなら先ほど紹介したアンボーテを試してみてください。それだけでも違いが実感できるハズなので。

デリケートゾーンの保湿にはクリームを使う方法も。

乾燥からの黒ずみはさらに保湿を

デリケートゾーンの保湿としてデリケートゾーン石鹸を使う方法を紹介しました。

もう一つ乾燥対策におススメなのが、デリケートゾーンの保湿クリームを使う方法です。

 

デリケートゾーン用の黒ずみクリームを使うことで、石鹸以上にしっかりと保湿することができます。

先ほど紹介したアンボーテは顔のスキンケアに言い換えると、良い洗顔料のようなもので、保湿クリームは言ってみれば美容液のような物です。

このデリケートゾーン用の保湿クリームにも化粧品と変わらないような保湿成分が入っていて、そのうえ美白成分も配合されています。

 

もし、デリケートゾーンの肌の乾燥が酷くて、黒ずみも結構気になっているというのであれば、保湿石鹸でのケアよりも保湿クリームを試してみる方がおススメです。

保湿石鹸よりもっと直接的に肌の乾燥や黒ずみをケアしてくれるので。

⇒デリケートゾーンの黒ずみケアに一番選ばれてる人気の保湿クリームがこちら

デリケートゾーンの乾燥にワセリンは良いの?

乾燥にワセリンを使うのはどうなの?

デリケートゾーンが乾燥している時によく言われているのがワセリンを塗って乾燥をケアするという方法です。

先に言うと…

デリケートゾーンの乾燥にワセリンを使っても、一時しのぎにしかなりません。

ワセリンは確かに万能で赤ちゃんのオムツかぶれなどにもよく使われていますよね。

そもそもワセリンをデリケートゾーンに塗っても大丈夫なのかというと、

デリケートゾーンの乾燥対策として外陰部にワセリンを使うことは問題ないのです。

実際に婦人科の先生に確認してみました。笑

 

ただ、ワセリンを乾燥してしまった肌に塗っても、肌の表面上の乾燥を防ぐだけで、あくまでも一時しのぎで表面的な乾燥を防いでくれるだけなのです。

なのでデリケートゾーンの肌を本来の潤いある状態に戻すためには、先ほど紹介したアンボーテのように、デリケートゾーンの肌の内側にまで届くような潤い成分が入っていないと、根本的な肌の乾燥ケアはできないのです。

デリケートゾーンの乾燥が目立つときにオススメなのは、お風呂に入ったときに潤いを足してくれる石鹸で丁寧にデリケートゾーンを洗って、その後でワセリンを塗って就寝することです。

この方法をすればデリケートゾーンの乾燥が酷いときでも3日も続ければ乾燥はかなりケア出来ているはずです。

年齢による肌の乾燥かも…だからこそデリケートゾーンも保湿を

デリケートゾーンの肌といっても、基本的には顔の肌と同じです。

女性なら経験があると思うのですが、肌が年齢とともに乾燥しやすくなった…というのを感じたことがありませんか?

ご存知の方も多いと思うのですが、年齢とともに肌が乾燥しやすくなります。

女性の肌の再生(ターンオーバー)周期は基本的に28日前後と言われているのですが、これは20代がピークで年齢を重ねるごとにターンオーバーの周期は28日から長くなっていく一方です。

肌の生まれ変わりが遅くなってしまうのです。

 

肌のターンオーバーの周期が長くなると、それだけ肌が綺麗な状態の日数が短くなるということです。

ということは、肌自体が潤いをキープする力も衰え乾燥しやすくなります。

デリケートゾーンの肌も同じです。

 

「じゃあ年齢によるデリケートゾーンの乾燥はどうしようもないの…?」

というと、そういうワケではないのです。

年齢を重ねても保湿をちゃんとすることで、デリケートゾーンの肌のターンオーバーを長くさせないようにすることができます。

 

デリケートゾーン石鹸による保湿が必要なのは、若い女性だけではありません。年齢による肌の乾燥を感じている女性にも欠かせないのです。

年齢には逆らえません。

しかし、ケアをせずにいるとデリケートゾーンの肌はもっと乾燥してボロボロになってしまいます。

年齢による肌の乾燥を感じている人こそ、デリケートゾーンもしっかりとケアしてあげるべきです。

⇒デリケートゾーンの乾燥ケアにおススメのオーガニックソープ

乾燥をケアしたらデリケートゾーンのトラブルが減った♪

乾燥をケアすればさらに快適に

デリケートゾーンが乾燥してしまうことで、かゆみや痛み、さらには黒ずみやニオイまでも引き起こしてしまうことがお判りいただけましたか?蒸れたり生理中であったりしても同じようにかゆみなどは出てくるのですが、根本的な原因はデリケートゾーンが乾燥してしまっていることが原因になっている可能性があるのです。

先ほども書いたのですが、デリケートゾーンの肌はとても薄く変化に敏感な部分なのです。下着や服を着るので見えない部分ではあるのですが、肌のことを考えると顔のお肌と同じようにデリケートゾーンこそちゃんとスキンケアをしてあげる必要があるのです。

このデリケートゾーンの乾燥をケアすることができれば、悩んでいたかゆみや痛み、黒ずみやニオイの悩みも軽くなるかもしれないのです。

以前は私も「デリケートゾーンのケアにお金をかけるなんて信じられない!」なんて考え方だったのですが(笑)かゆみに悩まされてからちゃんとケアをするようになってデリケートゾーンのトラブルは間違いなく減りました。

なので、もし今デリケートゾーンのトラブルに悩まされてしまっているという方は、一度乾燥のケアをしてみてください。トラブルがきっと減るはずなので♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です