フェミニーナ軟膏は本当にデリケートゾーンのかゆみに効くの?

フェミニーナ軟膏の記事メイン画像

デリケートゾーンのかゆみが出た時に使う薬、といえばほとんどの女性の方がフェミニーナ軟膏を思い浮かべるのではないでしょうか?

デリケートゾーンのかゆみといえばフェミニーナ軟膏っていうぐらい有名な塗り薬ですよね。

私もデリケートゾーンがかゆいなと思ったら、まず使うのがフェミニーナ軟膏です。

でも、フェミニーナ軟膏ってデリケートゾーンのかゆみに効くと言われているけど、実際デリケートゾーンのどんなかゆみに効果があるのか知ってますか?

確かにフェミニーナ軟膏はかゆみを抑えてくれるのですが、フェミニーナ軟膏を塗るだけじゃ抑えることができないデリケートゾーンのかゆみもあるのです。

生理中や妊娠中に出やすいかゆみ。デリケートゾーンがムレてしまったり細菌によって引き起こされてしまうかゆみなど、一言でデリケートゾーンのかゆみと言ってもいろいろな種類があるのですが、かゆみを治すためにはフェミニーナ軟膏がどんなかゆみに有効なのか?ということを知ることが大切なんです。

なので、今回がフェミニーナ軟膏がどんなかゆみに効くのか?ということや私が実際に使ってみて思ったフェミニーナ軟膏を使う時の注意などについて書いてみます。

フェミニーナ軟膏って本当にかゆみに効くの?

フェミニーナ軟膏効果あり♪の画像

結論から言うと・・・

フェミニーナ軟膏はデリケートゾーンのかゆみに効きます!

本当に、デリケートゾーンがかゆくなったらコレしかないっていうぐらいに私も頼りにしてます。

始めてフェミニーナ軟膏を使ったのは、今から2~3年前だったと思います。もともと生理中やおりものが多い日に「ちょっとムズムズするな~」ぐらいの感じだったのですが、その時に買った下着が肌に合わなかったのか、かゆみが次第に酷くなってゆき、ガマンが出来なくて足を何度も組み替えたりしてモゾモゾしていたのですが、かゆみと同時に今度はかぶれてしまったようなチクチクとする痛みまで出始めてしまったのです。

そうなってしまうと、もうシャワーを浴びてる時にもシミるし、仕事中にお昼を過ぎるとかゆみがガマンできなくなってくるし、と大変でした(笑

今でこそ「あの時はかゆかったな~」と笑っていられるのですが、もうその時はかゆくてかゆくてどうしようもなかったんです。

で、会社の帰りにデリケートゾーンのかゆみに耐えることができず、薬局によってテレビCMでよく見かけていたフェミニーナ軟膏を買ったという感じです。

フェミニーナ軟膏を使った時は、デリケートゾーンがかぶれたような状態になってしまっていて、塗った時には少しシミる感じでした。10分ほどガマンをすれば、シミるのは治まってくれました。

それから1週間ほどは毎日フェミニーナ軟膏を夜寝る前に塗り続けていたのですが、3日目ぐらいでかゆみがだんだんと治まってゆき、1週間塗り続けるとかゆみはほとんど治まっていました。

かゆみ自体はフェミニーナ軟膏を1週間塗り続けたら無くなったのですが、かぶれてしまっていたのもあって、デリケートゾーンがちょっと腫れぼったい感じになっていたので、そのまま塗り続けて2週間ほどで腫れぼったくなっていたのも治まりました。

私が実際にデリケートゾーンがかゆくなって、フェミニーナ軟膏を使ってみた感想というのがこんな感じですね。

本当に、酷いかゆみで座っているのもつらかったぐらいだったんですが、フェミニーナ軟膏を塗ったらかゆみはちゃんと治まってくれました。

⇒繰り返してしまうデリケートゾーンのかゆみ…かゆみを予防してくれる石鹸がコチラ

フェミニーナ軟膏の使い方って?

注意することの画像

フェミニーナ軟膏の使い方は簡単で、普通の塗り薬と同じように指に適量を出して、デリケートゾーンに塗ってあげるだけ。

少量でも結構伸びてくれるので、少しずつ指にとって塗っていくのがおススメです。あまり多い量を出してしまうとデリケートゾーンがベタベタになってしまうので、少しずつ伸ばしていくのが良いです。

フェミニーナ軟膏の使い方の注意点なんですが、フェミニーナ軟膏はあくまでもデリケートゾーンの外側のかゆみやかぶれのための軟膏なので、膣内などに使用するのは控えた方が良いです。

フェミニーナ軟膏は低刺激なんですが、私が使った時はかゆみが進行してしまってデリケートゾーンが少しかぶれたようになってしまっていたので、最初の数日は塗った時に少しシミる感じになっていました。

もしフェミニーナ軟膏を患部に塗ってシミてしまった時には、うちわのようなもので風をあてるとマシになります。ちょっと恥ずかしいんですけどね(笑

軟膏・ジェル・ミストどのフェミニーナが良いの?

ジェルとミストに悩んでる女性の画像

フェミニーナ軟膏って実は種類があるのを知っていましたか?私の家の近所のドラッグストアとか薬局では軟膏タイプのものしか取り扱いされていなくて、フェミニーナ軟膏には軟膏タイプしかないと思っていたんです。

ある時、たまたまamazonで仕事で使う物を買おうといろいろと見ていると、なぜかフェミニーナ軟膏がおススメされていて(笑)ちょっと気になって見てみると、フェミニーナ軟膏のミストとジェルが!ちょっと驚きでした。

私の場合フェミニーナ軟膏は何かあった時のために家に常備しているのですが、無くなりかけていたこともあって、試しにミストとジェルも買ってみたのです。

フェミニーナ軟膏には軟膏・ミスト・ジェルの3つのタイプがあるのですが、それぞれどう違うのかというと、

まず、軟膏・ジェル・ミストと種類は分かれていますが、かゆみ止めとしての効果は同じです。

違いというのは、デリケートゾーンのかゆみに対する効果ではなくて、使いやすさや塗った後の使用感だということを覚えておいてください。

それでは、軟膏・ミスト・ジェルそれぞれの違いを紹介すると…

フェミニーナ軟膏タイプ

フェミニーナ軟膏の商品画像

一番良く見かけるフェミニーナの中でも定番なのがこの軟膏タイプです。説明するほどのこともないぐらい(笑)ごくごく普通の軟膏です。他のフェミニーナと比べて軟膏タイプにはどんなメリットとデメリットがあるのかと言うと…

軟膏タイプここが良い♪

他のタイプのフェミニーナと比べて、薬の伸びが良いです。なのでデリケートゾーンの一部がかゆいぐらいであれば、ほんの少量を指先に出すだけでも十分に軟膏が伸びてくれます。

軟膏タイプのここがちょっと…

軟膏タイプのデメリットとしては、どうしても直接手でデリケートゾーンのかゆい所に塗る必要があるので、手が汚れてしまいます。

あと、軟膏なので伸びが良いというメリットがあるのですが、塗った後のベタつきが気になる方もいるのでは?と思います。

フェミニーナジェルタイプ

フェミニーナジェルの画像

フェミニーナ軟膏のジェルタイプです。フェミニーナジェルっていうのが正しいのかも(笑

名前の通り、フェミニーナ軟膏がジェルタイプになったもので、軟膏タイプは塗り薬が白色なのですが、このジェルタイプは半透明といった感じです。

フェミニーナジェルのここが良い♪

フェミニーナジェルタイプのメリットは、軟膏タイプと比べると分かりやすいのですが、デリケートゾーンの患部に塗った後、軟膏よりもサラッとしているという事です。

というのもパッケージにも書かれているのですがサラサラパウダーが入っているからなんです。塗った後にベタつかないので、夏や蒸れやすい時期にはジェルタイプの方が良いかもです。

フェミニーナジェルのここがちょっと…

ジェルタイプのデメリットは、塗った後は確かに軟膏とくらべるとサラッとしているのですが、ジェルなので軟膏に比べると伸びが弱いということです。

そのため、軟膏よりもジェルの方が塗るときに量が必要かもと感じました。かゆみやかぶれの範囲が広い時は伸びが少ないので少し面倒かも。

フェミニーナミスト

フェミニーナミストの画像

デリケートゾーンのかゆみ止めって塗り薬が多いのですが、画期的~♪と思ったのがこのフェミニーナミストです(笑)ヘッド部分を押すとフェミニーナ軟膏の成分がミスト状になって出てきます。

フェミニーナミストのここが良い♪

ミスト状になって出てきてくれるので、広い範囲のかゆみの時などは楽ですよね。

それに手が汚れずに塗ることが出来るので、会社や外出先でかゆみが気になった時でもシュッとするだけで安心です。ちなみに携帯することを考えて、もう一回り小さい携帯用のフェミニーナミストもあります。

あと、アンダーヘアが生えている部分って塗り薬をつける時に、毛にもついてベタベタしたりしますが、ミストならアンダーヘアもベタつかずにスムーズに塗ることが出来ます。

フェミニーナミストのここがちょっと…

デリケートゾーンの下部の方に使う時は、患部に吹き付けるのがちょっと難しいことも。なんどかかゆい部分じゃ無い所に吹き付けてしまったことがありました(笑)

軟膏に比べるとミストの方が早く使い切ってしまうかな?という感じがします。量が少なくなって来た時は仕方ないのですが、出ずらくなってしまいます。

 

どのタイプがおススメなの?

フェミニーナの軟膏・ジェル・ミストの3つのタイプのメリットとデメリットを紹介してみましたが、どのフェミニーナがおススメ?かというと…

おススメは人それぞれの好みによって変わります。(笑

適当に言ってるんじゃないですよwどのタイプが良いかは人によって違うかと思います。

例えば私の場合は、やっぱり慣れ親しんだ軟膏タイプが良いかなと思うのですが、ジェルタイプを今回使ってみたら、塗った後の感触はジェルタイプの方がベタつかないので、夏にもしかゆくなった時はジェルタイプにしようかなと思ってます。

なので、どのタイプがどういう人におススメなのか分けてみると…

・かゆみやかぶれの範囲が広い人⇒軟膏かミストがおススメ

・手を汚したくなくて外出先でも使う人⇒ミストがおススメ

・塗った後のベタつきが嫌な人⇒ジェルがおススメ

という感じです。このような感じで選べば大丈夫かと思います。

先ほども書きましたが、どのタイプが一番かゆみに効くというのは無く、かゆみに対しての効果は一緒です。使い方や使った後の感触を参考に選んでもらえれば大丈夫ですよ。

エッ!フェミニーナ軟膏が効かないかゆみもあるの?

フェミニーナで治せないかゆみの画像

フェミニーナ軟膏は確かにデリケートゾーンの周りのかゆみには効いてくれるのですが、フェミニーナ軟膏では治すことができないかゆみもあるのです。それは・・・

細菌が原因となってしまっているデリケートゾーンのかゆみです!

その細菌が原因となっているデリケートゾーンのかゆみの代表的なものが、

カンジダ膣炎です。

カンジダ膣炎は、性交渉で感染することもあるのですが、カンジダ膣炎の原因となっているカンジダ菌はもともと膣内に存在していて、体が疲れていて免疫力が弱っていたり、ホルモンバランスが崩れてしまっているときや、デリケートゾーンを過剰にケアしてしまった場合などには、性交渉をしていなくてもカンジダ膣炎になってしまうことがあるのです。

カンジダ膣炎になってしまうと、デリケートゾーンのかゆみやヒリヒリするような外陰部の痛みがあるのですが、このかゆみや痛かゆさは細菌が原因になってしまっているので、フェミニーナ軟膏ではカンジダ膣炎を根本から治すということはできないのです。

一般的なデリケートゾーンのかゆみとカンジダ膣炎のかゆみをどうやって見分ければいいのかというと、一般的なデリケートゾーンがムレたりした時のかゆみは、おりものなどに変化がないのですが、カンジダ膣炎が原因となっているかゆみの場合は、おりものが黄色く濁っていることが多いのです。

もし、おりものの色やニオイが普段の色と違ってデリケートゾーンにかゆみがある場合は、カンジダ膣炎の可能性があるので、フェミニーナ軟膏を塗るのではなくて、病院に行って診察をしてもらって、カンジダ膣炎を抑える薬を処方してもらう必要があるのです。

デリケートゾーンのかゆみってなかなか恥ずかしくて病院に行けないというかたもいらっしゃると思うのですが、このカンジダ膣炎は結構多くの女性がかかってしまう病気なので、恥ずかしがらなくても大丈夫です。

放っておくと、さらに進行してデリケートゾーンのかゆみや痛みが酷くなってしまうなんてことも考えられるので、カンジダ膣炎かも?と思ったら早めに病院で診察をしてもらうのが絶対に良いです。

フェミニーナ軟膏は妊婦が使ってもいいの?

妊婦さんでも大丈夫なの?の画像

妊娠していると下着がどうしても窮屈になってしまって、デリケートゾーンがいつも以上に擦れてしまってかゆみが出てしまったり、免疫力が普段の状態よりも下がってしまっているためにデリケートゾーンが炎症を起こしてしまってかゆみとなってしまうことが多いのですが、妊婦さんがデリケートゾーンがかゆい時にフェミニーナ軟膏を使用しても大丈夫なのでしょうか?

答えは・・・

妊婦さんは自己判断だけでフェミニーナ軟膏を使用しない方が良いです。

フェミニーナ軟膏は低刺激で安全だといわれているのですが、やっぱり薬なので、フェミニーナ軟膏が膣内に入ってしまってなんてことを考えると、妊婦さんがデリケートゾーンがかゆいからと言って自分の判断だけでフェミニーナ軟膏を使用するのはやめた方がいいです。

もし妊娠していてデリケートゾーンにかゆみがある場合は、産婦人科や婦人科でお医者さんにかゆみのことを相談して、妊娠していても使用して大丈夫な塗り薬を処方してもらった方が良いです。

もう一つフェミニーナ軟膏を妊婦さんが自己判断で使わない方が良い理由というのが・・・

妊娠中は免疫力が下がってしまうことが多いので、先ほど書いたカンジダ膣炎になってしまうことも多いのです。なので、もしかしたら妊婦さんのデリケートゾーンのかゆみの原因はカンジダ膣炎ということも考えられるので、ちゃんとお医者さんに診察をしてもらって、そのかゆみの原因が何なのかということまで調べてもらった方が良いです。

なので、フェミニーナ軟膏は妊婦さんの場合は、自分の判断だけで使用を決めるのではなく、産婦人科や婦人科の医師にちゃんと相談をしてからにしましょう。

⇒妊娠中のデリケートゾーンのムズムズもケアしてくれる人気の泡石鹸

そのかゆみフェミニーナ軟膏だけで大丈夫?

たしかにフェミニーナ軟膏を使えばデリケートゾーンのムズムズとする嫌なかゆみは、1週間も塗ってあげればケアすることが出来るのですが、もしかしたらフェミニーナ軟膏を使うほどじゃないけれど、普段から生理中などの時には軽いかゆみをいつも感じていたなんてことはありませんか?

私の場合は思い返してみたら、そうだったんです。スキニーのようなタイトなパンツを穿いたりした時にもムズムズするまではいかないのですが、ちょっとだけムズっとするかも(笑)っていうぐらいなのですが、思い返すとほんのちょっとのかゆみは普段から感じることが多かったです。

かゆみが酷かった時にお医者さんで教えてもらったのは、人によって肌質が違うのでかゆみを感じる程度も人によって違うということです。私の場合はどうやらデリケートゾーンにかゆみを感じやすい体質のようで、普段からケアをちゃんとする方が良いと勧められました。

なので、もし今フェミニーナ軟膏を使わないといけないぐらいかゆみを感じているのであれば、かゆみを感じやすい可能性もあるので、フェミニーナ軟膏だけじゃなくてデリケートゾーンのかゆみをちゃんとケアしてくれる専用の石鹸を使って洗うことを習慣にした方が良いです。私も専用の石鹸を使い出してから普段感じていた軽いかゆみもあまり感じなくなったので。

普段からちょっとしたかゆみを感じているかたにおススメの私も愛用中wの石鹸がコレです。

コラージュフルフル泡石鹸の画像

デリケートゾーンのちょっとしたかゆみは生理中や蒸れたりした時に雑菌がデリケートゾーンに増えてしまって引き起こされることが多いのですが、このデリケートゾーン専用の石鹸を使えばちゃんと菌を殺菌してくれるのです。

今思い出してみて、普段からちょっとかゆみを感じることが多いかも…という方はかゆくなったらフェミニーナ軟膏でかゆみを抑えるというのを繰り返すのではなくて、普段からちゃんとこの泡石鹸を使ってケアをしてあげればかゆみを感じることが少なくなるので、フェミニーナ軟膏に頼ることも少なくなりますよ♪

▼殺菌してくれる石鹸を使うだけでかゆみは予防できる♪ボタン

フェミニーナ軟膏は炎症やかゆみ以外にも効くの?

かゆみや炎症以外にも効くのの画像

フェミニーナ軟膏を使おうと思う時って、ほとんどの方がデリケートゾーンにかゆみや炎症などのトラブルが起こった時かと思います。

塗るだけでデリケートゾーンのかゆみや炎症を抑えてくれるので、家にあればもしトラブルになった時は便利ですよね。

でも、なんでもかんでもデリケートゾーン関係の事であればフェミニーナ軟膏を塗れば良いということでは無いのです。

例えば、オロナイン軟膏やニベアなどは万能なんて言われていたりしますよね?

そのため人によっては、肌に何かトラブルが起こったらオロナイン軟膏やニベアをとりあえず塗っておくという人も。

ウチのおばあちゃんもオロナイン軟膏を愛用してて、とにかく何かあったら「オロナイン、オロナイン…」なんて言ってます。

ちょっと話が逸れましたが(笑

フェミニーナ軟膏に関しても、デリケートゾーンの事であれば「どんなトラブルにも効く」と思って、かゆみ以外の事に関してもフェミニーナ軟膏を使う人もいるのです。例えば…

・デリケートゾーンのにおいケアに

デリケートゾーンのにおいが気になっている時に、「フェミニーナ軟膏を塗ればにおいもしなくなるでしょ?」と思って塗る人。

・デリケートゾーンの肌を保湿する目的で

デリケートゾーンの肌が乾燥しているから、保湿することを目的としてフェミニーナ軟膏を毎日のように塗る。

という使い方をしてしまう人もいるのです。

どちらの場合も、もしかしたらデリケートゾーンのかゆみや炎症を抑える事で、においが軽くなったり、肌の乾燥がマシになった。ということが、もしかしたらあるかもしれませんが…

こういったフェミニーナ軟膏の使い方は、間違った使い方なのです。

フェミニーナ軟膏はあくまでもかゆみや炎症を抑えてくれるもので、デリケートゾーンのにおいや肌の乾燥なども気になるから、日常的にスキンケアをするように使うというのは違うのです。薬であってスキンケアのための物ではないのです。

デリケートゾーンにトラブルが起こり、その結果としてでたかゆみや炎症の症状にフェミニーナ軟膏は有効なのです。

フェミニーナ軟膏の出番が無いというのが、本当はデリケートゾーンにとっては理想的な状況なのです。

なので、フェミニーナ軟膏を使わなくてもいいような状況になるように、デリケートゾーンの普段のケアを見直してみましょう。

先ほど例に挙げましたが、デリケートゾーンのにおいのトラブルなどは▼こちらの記事に

デリケートゾーンのにおいを解決の画像

デリケートゾーンのにおいはコレで解決できる!

2016年2月29日

デリケートゾーンの肌の乾燥に関しては▼こちらの記事に詳しく書いていますので、ご参考にどうぞ。

デリケートゾーンの乾燥をケアの画像

デリケートゾーンの乾燥はこれでケアできる♪

2016年5月7日

デリケートゾーンは普段のケアが大切!

デリケートゾーン普段からケアの画像

フェミニーナ軟膏を使えば、かゆみは良くなるのですが同じような生活をしていたら、忘れていた頃にまたかゆみやかぶれが再発してしまって・・・なんてことも十分考えられるのです。

私がそうでした・・・(笑

フェミニーナ軟膏を塗ってかゆみが収まって安心しきっていて、3ヶ月ほど経った頃にまたかゆみに襲われてしまうという、懲りない性格なんですww

さすがに2回目にかゆみに襲われてしまった時には、「これがまた来るのはさすがに嫌!」と思って普段からデリケートゾーンのケアをすることを決意しました。

それからは毎日の入浴時には、デリケートゾーンに関してはデリケートゾーン専用の石鹸を使うようにしました。

デリケートゾーン専用の石鹸を使い始めてからは、かゆみに襲われることもなく、生理中やおりものが多い日などにムズムズとしていたのもあまり感じなくなりました。

⇒私のデリケートゾーンの悩みを解消してくれた!デリケートゾーン石鹸人気ランキング!

なので、普段からデリケートゾーンがムズムズするという方は、フェミニーナ軟膏を塗って治すだけではなくて、普段からデリケートゾーンのケアを心がけた方がイイです!

私のようにならないために(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です