デリケートゾーンには牛乳石鹸が良い!はちょっと違う

牛乳石鹸がデリケートゾーンに

デリケートゾーンを洗う時は牛乳石鹸が良い!

なんていうことを見かけたり聞いたことがありませんか?

あのパッケージに牛のマークが描かれている、昔から定番のあの固形石鹸のことです。

 

実際、私もSNSをぼーっと見ていた時に「デリケートゾーンには牛乳石鹸」みたいなことを何度か見かけたことがあります。

本当にデリケートゾーンに牛乳石鹸が良いの?かというと…

あくまでも同じような価格帯の固形石鹸やボディソープと比べたら「良い」と感じる人もいるかもしれないということです。

デリケートゾーンがムズムズしたりして悩まされている人には、間違いなく牛乳石鹸よりもデリケートゾーン石鹸の方がオススメです。

 

この時点で「牛乳石鹸よりデリケートゾーン石鹸を使おう」と思った方は、▼こちらの記事をご覧になってください。笑

デリケートゾーンの石鹸いいのは?の画像

デリケートゾーンおすすめ石鹸ランキング!

2015年11月5日

なぜ牛乳石鹸がデリケートゾーンに良いと言われているのか知りたい方は、このまま読み進めてください。

牛乳石鹸がデリケートゾーンに良いと言われているワケ

デリケートゾーンになぜ牛乳石鹸が良いと言われているのかというと、適当に誰かが言い出したというワケでは無いのです。

 

もともとは洗顔の時に「牛乳石鹸が良い」ということが言われていたのですが、なぜ良いと言われていたかというと、

洗顔料でも無いのに牛乳石鹸で洗顔をしても肌が突っ張らない。

ということが元となって「洗顔にも牛乳石鹸が良い」と言われていたのです。

 

なぜ牛乳石鹸なら肌が突っ張らないかというと、

洗浄力が強すぎず、牛乳石鹸という名前の通りミルク成分による保湿成分が入っているから。

このため、肌に必要な皮脂は残しつつ保湿もしてくれるので、固形石鹸や下手な洗顔料を使うよりも、洗顔した後の洗い心地が良く「洗顔に良い」と言われているのです。

 

顔の肌と同じようにデリケートゾーンをボディソープで洗うと、洗い終わった後に

「デリケートゾーンの肌が突っ張っているかも…」

と感じる女性もいます。安いボディソープや石鹸を使うと突っ張った感じがする女性は多いです。

でも牛乳石鹸を使ってみると肌が突っ張らなかったために、

「牛乳石鹸はデリケートゾーンを洗うのに良い」

ということをSNSなどで見ることが増えたのです。

 

たしかにデリケートゾーンの肌だけのことであれば、牛乳石鹸を使うことでボディソープよりも潤いを感じることができるかもしれません。

しかし、ムズムズやニオイなどデリケートゾーンのトラブルのこととなると話は別です。

デリケートゾーンのトラブルは牛乳石鹸ではケアできない。

デリケートゾーンの肌のちょっとした乾燥とかだと、牛乳石鹸でもケアできるかもしれません。

でも、デリケートゾーンのムズムズとしたかゆみや、気になるニオイの悩みなどは牛乳石鹸だけでケアをするのは難しいのです。

 

なぜかというと、ムズムズやニオイのトラブルには雑菌が関係しているからです。

ムズムズやニオイを発生させている主な原因は雑菌です。牛乳石鹸ではデリケートゾーンに増えた雑菌を殺菌することができません。

 

雑菌を殺菌するためには、デリケートゾーン用の殺菌成分が入った石鹸を使う必要があります。

そこで必要になってくるのがデリケートゾーン石鹸です。

 

デリケートゾーンのトラブルに悩まされているのに「牛乳石鹸を使えばなんとかなるかも」と考えてしまうのは間違いです。

牛乳石鹸でできることはデリケートゾーン石鹸でもできる。

牛乳石鹸が良いと言われている理由として、

肌に必要な皮脂は残しつつ、保湿をしながら洗うことができる。

ということを紹介しました。この牛乳石鹸の特徴によって肌が突っ張ったりせず、洗顔やデリケートゾーンを洗うのに良いと言われています。

しかし、デリケートゾーン石鹸でも同じことができるのです。

それ以上に、殺菌成分が入っている物を使うことで、デリケートゾーンの悩みの原因となっている雑菌を殺菌することができます。

 

そうなると、デリケートゾーンのトラブルで悩まされているのであれば、牛乳石鹸を試してみるよりも初めからデリケートゾーン石鹸を使った方が、あなたのデリケートゾーンの悩みを解決できる可能性が高いです。

デリケートゾーンのトラブルには牛乳石鹸ではなく、デリケートゾーン用の石鹸を使うのが最適です。

⇒デリケートゾーンおすすめ石鹸ランキング!であなたの悩みに合った石鹸を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です