デリケートゾーンがクサい時ってどんなニオイがするの?

クサいって感じるの?

デリケートゾーンのニオイが強くて思わず「臭い…」と感じたことがある女性は多いのではないかと思います。

でも「臭い…」と感じるのは同じであったとしても、ニオイの感じ方と言うのは人それぞれ。

それに同じデリケートゾーンのニオイにしても汗臭いと感じることや、生理の時には経血のニオイが臭いと感じることもあります。

デリケートゾーンのニオイは人によって感じ方が違うのですが、ニオイを発生させている原因が違うことでも感じるニオイって変わってくるのです。

ということで今回は、デリケートゾーンがクサい時ってどんなニオイがするの?と言うことについて紹介してみますね。

デリケートゾーンはもともとニオイがする部分

デリケートゾーンはもともとニオイがの画像

デリケートゾーンのニオイの感じ方は人それぞれなのですが、前提として最初にわかって置いていただきたいのは、

デリケートゾーンはもともとニオイがする部分

だと言うことです。

なぜデリケートゾーンがもともとニオイがするのかと言うと、そのほとんどは

膣内が酸性に保たれているから。

というのが理由です。女性の膣内には子宮もあって妊娠や出産にも関係する大切な部分。そこに外からバイ菌が入って来ないように、自浄作用が働いて膣内は酸性に保たれているのです。

膣の自浄作用の画像

膣の自浄作用ってなに?

2017年2月23日

こうした自浄作用が膣内で働いていることもあって、

デリケートゾーンはもともと少し酸っぱいニオイがする。

これが普通なのです。

その他にもフェロモンが出すためにニオイがしているという説もありますが、デリケートゾーンはもともと多少のニオイがする部分で、正常な状態が無臭ということではないのです。

デリケートゾーンが「クサい…」と感じるのはこんなニオイ

クサいと感じるのはこんなニオイの画像

デリケートゾーンがもともと多少の酸っぱいニオイがするということを踏まえた上で、デリケートゾーンのニオイに悩まされている女性は、どんなニオイを感じて「クサい」と感じたのでしょうか?

実際にニオイに悩んだことがある女性が、どんなニオイを感じたかというと…

・汗臭いニオイ

・アンモニアのニオイ

・チーズのようなニオイ

・十円玉のようなニオイ

・魚が腐ったようなニオイ

・卵が腐ったようなニオイ

・揚げ物をした後の油のようなニオイ

など、こういったニオイを感じた時に、いつものデリケートゾーンのニオイとは違って「臭い…」と感じ、ニオイに悩んでしまう人が多いのです。

ニオイの感じ方は人によって違うとしても、

例えば、ブルーチーズや魚や卵が腐ったようなニオイがデリケートゾーンからしているとしたら…ニオイに悩むというのは当然のことですよね。

デリケートゾーンから感じる臭いというニオイには、こんなニオイの種類がありますが、

原因が同じで人によってニオイの感じ方が違うの?

という事ではないのです。

ニオイの原因が違うから、デリケートゾーンが臭いと感じるニオイが人によって違うのです。

例えば、汗臭いニオイがする場合って汗が原因になっているのですが、十円玉のようなニオイがする時は経血が原因になっている可能性があるのです。

次は、こんなニオイがする時ってデリケートゾーンの何が原因になっているの?ということについて紹介してみます。

こんなニオイがする時って、何が原因なの?

ニオイ別原因と対処法の画像

デリケートゾーンが臭いと感じる時、人によってニオイの感じ方が違うというのはあるのですが、そもそもニオイの原因自体が違っている可能性があるのです。

先ほど紹介したデリケートゾーンが臭いと感じる時のニオイ別に、どんな原因が考えられるの?ということを紹介してみると…

汗臭いニオイ

汗臭いニオイを感じる時は、やはり汗が原因になっていることがほとんどです。

デリケートゾーンはもともと汗がでやすい場所の一つなので、多少の汗のニオイは仕方ないのです。

しかし、体質的に汗をかきやすい人や、下着や生理用品で蒸れることによって一段と汗臭いニオイが強くなっていることが考えられるのです。

対策方法は?

汗臭いニオイが気になる時の対策方法は、デリケートゾーンが少しでも汗をかきにくいようにする事です。

蒸れるとさらに汗をかきやすくなってしまうので、下着を通気性の良い物に変えたりアンダーヘアをカットするのは有効です。

もともと汗をかきやすいという人の場合は、デリケートゾーン専用の汗や経血によるニオイを抑えるためのデオドラントがあるので、汗臭いニオイが気になる時に使うと安心できますよ。

⇒スグにデリケートゾーンの汗のニオイを抑えてくれるデオドラント

アンモニアのニオイ

アンモニアのようなニオイがしている場合、おしっこの後に拭き取りきれていなくてアンダーヘアに付着していることが考えられます。

あと見落としがちなのが、知らないうちに下着に尿がついてしまってアンモニアのニオイがしているということも。

年齢を重ねると、気づかないうちに多少の尿漏れをしたりということもあり、下着に尿がついてアンモニア臭がすることがあるのです。

対策方法は?

アンモニアのニオイを感じる時の対策方法は、当たり前なのですがおしっこの後にちゃんと拭き取るということです。

それと「出終わったかな?」と思っても急がないということです。下着に尿がついてしまう原因として、尿が出来ってなくてトイレットペーパーで拭いて下着を上げて立った時、この時に残った尿が出てしまうことがあるのです。

お酒を飲んだ時とかは私もたまにあります…(笑

なので「終わったかな?」と終わっても少し腰を浮かせて尿が残っていないか確認するのも有効です。

チーズのようなニオイ

デリケートゾーンからチーズのようなニオイがすると感じる場合、おりものが多い時に感じる女性が多いのです。

それと、デリケートゾーンがちゃんと洗えていない時にも、チーズのようなニオイがすると感じることがあるのです。

対策方法は?

チーズのようなニオイがしておりものが多いと自覚がある場合は、おりものシートを使用してこまめに変えるのが有効です。

デリケートゾーンがちゃんと洗えていない場合には、第一に丁寧に洗うということが欠かせません。

けど、ちゃんと洗っていてもチーズのようなニオイが気になるという場合は、一度デリケートゾーン用の石鹸を使用してみるのをオススメします。

というのもボディソープで洗うよりも、雑菌が増えやすいデリケートゾーンをちゃんと殺菌してくれる成分が入っているので。

デリケートゾーンの石鹸いいのは?の画像

デリケートゾーンおすすめ石鹸ランキング!

2015年11月5日

十円玉のようなニオイ

十円玉のようなニオイと聞くと「!?」ってなる人もいるかと思います(笑)

十円玉のようなニオイというのは錆びた鉄のようなニオイがするということなんです。

どのようなことが原因で十円玉のようなニオイがするのかというと、その原因の多くは

時間が経過した経血のニオイ

なのです。生理の時の経血がナプキンに付着して、デリケートゾーンの肌やアンダーヘアに付いたまま時間が経過すると、この十円玉のようなニオイを感じるのです。

対策方法は?

経血のニオイが気になる場合、生理用品をこまめに変えるのは有効です。

経血の量が多い人の場合などは、肌やアンダーヘアに付着しやすいことも考えられるので、生理用品を変える時にデリケートゾーン用のウェットシートで肌とアンダーヘアを拭いてあげるのがオススメです。

それと、アンダーヘアが伸びてしまっている場合は経血が絡まりやすくなるので、Iラインや肛門周辺のアンダーヘアが伸びている場合は適度にカットすることでも経血が付着するのを防げますよ。

魚が腐ったようなニオイ

魚が腐ったようなニオイと言われても、腐った魚のニオイを嗅いだことがない女性もいますよね。

どんなニオイかというと、生ゴミや時間が経った魚貝類のようなニオイだと思ってください。

これまでに紹介した汗や経血のニオイとはニオイの種類が違い、思わず「ウッ!」となるような強いニオイです。

こういった生臭いようなニオイがデリケートゾーンからしている場合は注意が必要です。

というのも、魚の腐ったようなニオイがしている場合は性病が原因でニオイがしている可能性があるからなのです。

ニオイだけでなく、おりものや湿疹やかゆみがないかもチェックしてみてください。

対策方法は?

汗や経血でもなく、明らかにいつもと違って魚のような生臭いニオイが洗っても取れないという場合は、性病の可能性を疑って性病検査を受けるべきです。

汗や経血のニオイであれば洗い流せば取れるのですが、性病が原因の場合はまたスグにニオイがしてきます。

ニオイを誤魔化すことを考えるのではなく、性病の可能性を考え検査を受けてください。

もし不安な場合は▼こちらの記事を読んでみてください。

卵が腐ったようなニオイ

卵が腐ったような、ツンとするニオイというよりはモワッとするようなニオイです。

先ほどの魚が腐ったようなニオイと同じように性病の可能性も考えられ、おりものからニオイがしている可能性があるのです。

また、体の疲れやストレスが原因となってデリケートゾーンに雑菌が増えている場合も、このニオイを感じる人がいるのです。

対策方法は?

おりものやかゆみがないかをチェックしてみて、何か異常があった場合は婦人科などで性病の検査を受けた方が良いです。

疲れやストレスを感じて、日常的にデリケートゾーンからこのようなニオイがしていると感じた場合も、デリケートゾーンに菌が増えやすい状態が続いていることが考えられるので婦人科などで相談すると安心できますよ。

揚げ物をした後の油のようなニオイ

デリケートゾーンからそんなニオイがするの?と思われるかもしれませんが、すそわきがの場合に油のようなちょっとツンとしたニオイを感じる人が多いのです。

すそわきがの場合は体内からニオイが分泌されるので、汗と皮脂が混じったようなちょっとツンとした油のようなニオイを感じるのです。

対策方法は?

すそわきがの場合、わきがと同じでセルフケアで根本的なニオイの原因を取り除くということは出来ない>のです。

ですが、デリケートゾーン用のデオドラントなどを使うことで、すそわきがのニオイを外から抑えるということは出来るのです。

⇒すそわきがに悩む女性の悩みを軽くしてくれる専用デオドラント

すそわきがに関しては▼こちらの記事に詳しく書いているので、揚げ物をした後のようなニオイを感じるという方は参考にしてみてください。

こんなニオイがする時は性病に注意!

こんなニオイはガマンしたらダメ!

デリケートゾーンからどんなニオイを感じるの?ということを紹介しましたが、いくつかあるニオイの中でも注意した方がいいニオイがあるのです。それがこの2つです。

・魚が腐ったニオイ

・卵が腐ったニオイ

どちらのニオイも独特で、汗や整理・おりものによるニオイとは違うので、気付きやすいとは思うのですが、こうした強いニオイがする場合は、

性病の可能性があるので注意が必要です。

先ほども書きましたが、こうしたニオイがする場合は自分でケアしようと考えるのではなく、まず婦人科などで診察をしてもらうことです。

病院で診てもらうと聞くと怖く感じてしまうかもしれませんが、ほとんどの性病って初期の段階であればあっけなく治ります。私も経験しました(笑

なので、今までに感じたことがないような生臭いようなニオイがしていたりする場合は、悩むことに時間をかける前にスグに診察を受けること!

ニオイにはちゃんと原因がある。

ニオイには原因があるの画像

今回はデリケートゾーンがクサいと感じる時ってどんなニオイがするの?ということについて紹介しました。

最初にも書いたように、ニオイの感じ方は人それぞれなので、ニオイの原因が同じだったとしても違うようなニオイに感じる人もいると思います。

けど、デリケートゾーンから普段と違うニオイがするという時はちゃんと原因があるのです。

デリケートゾーンのにおいを解決の画像

デリケートゾーンのにおいはコレで解決できる!

2016年2月29日

なので「たまたま今日はそんなニオイがしているだけ…」と誤魔化すのではなくて、変なニオイが続いていたり、おりものや肌に変わったことがないかチェックするべきです。

あと、汗やニオイにしてもそうなのですが、意外と「そんなことが!?」と思うようなことがニオイの原因になっていることってあるのです。

なので「ニオイがしてるかも…?」と感じたら、誤魔化すのではなくてニオイの原因を考えて、原因にあった対策方法を行うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です