オーガニック石鹸でデリケートゾーンのケアをする前に

オーガニック石鹸よりもデリケートゾーンにはの画像

デリケートゾーンのかゆみなどに悩んでいて、

「オーガニックソープを使えばかゆみもなくなるかも?」

なんて思っていたりしませんか?

オーガニック石鹸って、その言葉を聞くだけでも「なんとなく肌に良さそう♪」っておもいますよね。

たしかにオーガニック石鹸は肌にも優しくて、ちゃんとした物なら敏感肌の人でも安心して使えるので、その気持ちは分かります。

体にかゆみが出る時はほとんどの原因が乾燥によるものなので、保湿力の高いオーガニックソープを使用することで、乾燥によるかゆみを抑えることが出来る事もあります。

だけど、デリケートゾーンの問題はオーガニック石鹸では解決できないことも多いです。

なぜかというと、デリケートゾーンの問題は単に肌が乾燥しているからというだけでなく、色々なことが重なって問題が起こっているためです。

そのため、オーガニック石鹸を使ったとしても

「デリケートゾーンがまだムズムズする…」

「ぜんぜん悩みが解決しない…」

ということにもなりかねないのです。

デリケートゾーンのトラブルには、オーガニック石鹸よりもデリケートゾーン用の石鹸を使った方が良い場合が多いです。

オーガニックソープを使ってデリケートゾーンのケアを始める前に、知っておいていただきたいことを紹介しますね。

先にお伝えしておくと、オーガニックソープがダメ!ということではないので、あしからず(笑

オーガニック石鹸は肌に優しい、だからデリケートゾーンにも!?

「オーガニック石鹸ならデリケートゾーンにも良いかも」

たしかにオーガニック石鹸なら、デリケートゾーンのような肌が敏感な部分に使っても、何かしら良い事がありそうな気がしますよね?

オーガニック石鹸を使うメリットを考えた時、一番最初に頭に思い浮かぶのが

オーガニック石鹸は肌に優しい。

という事じゃないでしょうか。

品質の良いオーガニック石鹸が肌に優しいというのは間違いのないことです。

なので、デリケートゾーンがムズムズしたりニオイが気になる時にも、オーガニック石鹸を使えば解決できるかも?と思いますよね。

オーガニック石鹸を使うことで、デリケートゾーンのムズムズや気になるニオイを抑えてくれる可能性もあるのです。

なぜ解決できる可能性があるかというと、「肌に優しい」という特徴が関係しているのです。

オーガニック石鹸が肌に優しいと言われている理由を簡単に説明すると、

 

オーガニック石鹸が肌に優しいと言われる理由

品質の良いオーガニック石鹸は、植物など天然素材を原料にして作られています。

オーガニック石鹸で使われる洗浄成分は、オリーブオイルやパーム油など天然オイルを原料に作られた物が多いです。

そのため洗い心地もマイルドで、肌に刺激をほとんど与えずに汚れを洗い流すことができます。

皮脂や汗はゴシゴシ洗ったり洗浄力が強い成分で洗わなくても、汚れを浮かせて軽く擦るだけで落ちます。

ボディソープに比べるとオーガニック石鹸は洗浄力こそ弱いのですが、体の自然な汚れを落とすためには十分なのです。

天然成分で肌に刺激を与えず、必要以上に皮脂を洗い流し過ぎないために、オーガニック石鹸は肌に優しいと言われているのです。

 

というのがオーガニック石鹸が肌に優しいと言われている理由です。

なぜこの「肌に優しい」というのが、デリケートゾーンのムズムズしたかゆみやニオイを抑えてくれる可能性があるかというと、

・オーガニック石鹸なら皮脂を洗い流し過ぎることがないので、デリケートゾーンの肌の乾燥が起きない。

乾燥によるデリケートゾーンのムズムズしたかゆみが抑えられる。

・オーガニック石鹸を使えば乾燥が起こらないので、皮脂が過剰に分泌されず雑菌が増えない。

雑菌が増えないのでデリケートゾーンのニオイが気にならない。

ということが考えられるのです。

 

しかし、これで安心♪とならないのがデリケートゾーンのトラブルです。

オーガニック石鹸を使うことで、ムズムズしたかゆみやニオイを抑えることが出来る可能性はあるのですが、

あくまでもデリケートゾーンの肌がトラブルの原因になっている場合に限ってのことなのです。

もう少し具体的に言うと、

軽いかゆみやニオイのトラブルであれば、オーガニック石鹸で抑えることができる可能性がある。

ということです。

生理やおりものが関係するトラブルはオーガニック石鹸では難しい

オーガニック石鹸は、デリケートゾーンの肌が原因となって起こる軽いかゆみなどであれば抑えることができる可能性があります。

ただ生理やおりもの関係するような強いかゆみなどのデリケートゾーンのトラブルは、オーガニック石鹸だけでケアをするのは難しいです。

なぜなら、生理やおりものが原因となりかゆみなどのトラブルが起こっている時は、オーガニック石鹸では対処できない程に、雑菌が増えてしまっているからです。

生理中やおりものが多い時に強いかゆみやニオイを感じている人は、オーガニック石鹸ではなくデリケートゾーン用の石鹸を使った方が良いです。

⇒デリケートゾーンの石鹸は選びかたが大切。おすすめはこちらの記事で

オーガニック石鹸とデリケートゾーンの石鹸はどっちが良い?

オーガニック石鹸には肌に優しいというという良さがあり、軽いデリケートゾーンのトラブルであれば抑えられる可能性もあります。

しかし、強いかゆみやニオイが起きている時はオーガニック石鹸ではケアをするのが難しいので、薬用のデリケートゾーン用石鹸を使用した方が良いのです。

「じゃあオーガニック石鹸とデリケートゾーン用石鹸どっちにすれば良いの?」

と迷ってしまいますよね。

 

デリケートゾーンのトラブルを経験して、両方の石鹸を使ったことがある私がアドバイスをすると…

デリケートゾーンのスキンケアではなく、かゆみまたはニオイのトラブルで悩んでいるのであれば、デリケートゾーン用の石鹸を初めから使った方が良いです。

なぜかというと、デリケートゾーンのトラブルに困っている人の場合、オーガニック石鹸を使ったとしても、トラブルを繰り返してしまうことが多いからです。

それに、たとえ今はデリケートゾーンのトラブルが軽いとしても、急に強いかゆみがでたりということが考えられるのです。

私の場合はそのパターンでした(笑

なので、もし今デリケートゾーンがムズムズしたり何かしらトラブルが気になっているのであれば、日常的にデリケートゾーン用の石鹸を使うようにして、普段からケアを心がけると予防することができますよ♪

デリケートゾーンの石鹸いいのは?の画像

デリケートゾーンおすすめ石鹸ランキング!

2015年11月5日

反対にオーガニック石鹸で洗うだけでOKなのはどういう人かというと、

デリケートゾーンの肌が乾燥している程度で、日常的なかゆみのトラブルなどもほとんどないという人は、オーガニック石鹸で洗うだけでもデリケートゾーンの肌のケアはできます。

デリケートゾーン用の石鹸も実は肌に優しい

オーガニック石鹸と聞くと「肌に優しい」というイメージを持っている人が多いと思います。

デリケートゾーン用の石鹸に比べて、オーガニック石鹸の方が肌に優しいと思われている人も多いと思います。

デリケートゾーン用石鹸の場合は、雑菌を殺菌したりかゆみやニオイを抑えてくれるので、なんとなく成分が強そうなイメージもあったりしますよね。

しかし、実はデリケートゾーンの石鹸もオーガニック石鹸に負けないぐらい肌に優しい物が多いのです。

たとえばデリケートゾーン用石鹸で有名なジャムウソープなどは、もともとがインドネシアで作られていた植物から抽出された成分で作られている石鹸なので、オーガニック石鹸と言えばそうなのです。

あと、デリケートゾーンの薬用石鹸にしても肌のことを考えて作られており、殺菌成分が入っていても低刺激で、厳しいパッチテストの基準をクリアしている物も多いです。

私も敏感肌で、洗顔は特定の無添加の洗顔料しか使えないのですが、デリケートゾーン用の石鹸も使う前は肌への刺激を心配していたのですが、問題なく使うことができました。

デリケートゾーンの石鹸も肌への刺激を考慮されていて、肌に優しい物が多いのです。

2 件のコメント

  • 初めまして。
    メッセージを送りたいですが
    どちらのアドレスに送れば宜しいでしょうか。
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です