おりものが臭い…そんな時カンタンにできる対策方法

おりものが臭いのメイン画像
「おりものが臭い…」こんな悩みを抱えていませんか?

デリケートゾーン自体もともとニオイのトラブルは多いのですが、おりものが多い日やおりものが気になる時に限ってデリケートゾーンからのニオイが気になり、

「おりものが臭いのかも…」

と悩まされる女性がいるのです。

 

トイレなどでデリケートゾーンのニオイが気になったことがある。というのは女性ならほとんどの方が経験あるのではないかと思います。

一時的におりもののニオイが気になるというのであれば、そこまで悩んだりすることはないですよね。

 

でも…

おりものがある時は常に臭いと感じてしまっていたり、毎日のようにニオイが気になるようになると、さすがに「なにかおかしいのかも…!?」と悩んでしまいます。

 

先に少しだけおりもののニオイの原因について触れておくと、

おりものが臭いと感じたとしたら、性病を疑う方もいらっしゃると思います

しかし、おりものからニオイがする原因は性病だけではないのです。その他にも体調であったりデリケートゾーンの状態、それに年齢などが関係していることもあるのです。

 

おりものが臭いと感じ、そのニオイが気になっていると「クサイと思われていないかな」なんて日常生活でも変に意識してしまいますよね。

そこで今回はおりものが臭くなる原因と、その対策方法について紹介します。

こんな事が原因でおりものは臭くなる

おりもののニオイが強くなる原因 おりものが臭くなる原因のまとめ

おりものの多い少ない、または出てくるタイミングが人それぞれ違うように、おりものが臭くなる原因も人によって違います。

いつもどおり過ごしていたとしても、ちょっとしたことがおりもののニオイを強くする原因になっていることがあります。

おりものが臭くなるのには次のような原因が考えられます。

おりものが臭くなる原因
  • デリケートゾーンの蒸れ。
  • おりものが下着に付着したまま長時間過ごす。
  • 汗とおりものが混ざる。
  • デリケートゾーンの肌の乾燥。
  • ホルモンバランスの乱れ。
  • 細菌性の膣炎・性病
  • 子宮内膜炎症や卵管炎

こうした原因によって、なぜおりものが臭くなるのかを詳しくみてみると…

デリケートゾーンの蒸れ

デリケートゾーンの蒸れ

日常的なことでおりものが臭くなりやすいのが、デリケートゾーンの蒸れです。

デリケートゾーンが蒸れやすいというのは女性ならご存知の通りです。(笑

アンダーヘアの量や下着・パンツの素材によって、さらにデリケートゾーンは蒸れやすくなります。

蒸れることによってなにが起こるかというと、デリケートゾーンに雑菌が増えるのです。

 

雑菌は蒸れた時に分泌される汗や皮脂が大好きです。そのうえ蒸れた湿気の高い状態のデリケートゾーンも雑菌が増えるのに適しているのです。

おりものが蒸れるとおりもの自体のニオイも強くなりますが、雑菌がおりものが分解する時にさらにニオイを発生させます。

デリケートゾーンが蒸れて雑菌が増えれば増えるほど、おりもののニオイは強くなり「臭い」と感じるのです。

 

おりものが下着に付着したまま長時間過ごす。

生理用品の画像

気付かない内におりものが出てしまい、下着におりものが付着したまま長時間放置してしまうことでもおりもののニオイは強くなります。

気温が高く湿度も高い夏などは、おりものが付着した下着ではおりものが腐ってしまったり、雑菌が増えやすくなります。

おりものが付着した下着やオリモノシートを長時間放置すると臭いと感じるのです。

 

汗とおりものが混ざる。

汗をかいてるイラスト

デリケートゾーンは体の中でも汗をかきやすい場所でもあります。通常の汗はその成分のほとんどは水分ですが、デリケートゾーンはアポクリン腺というニオイが強い汗を出す汗腺も人によっては活発です。

そのアポクリン腺から出てくるニオイの強い汗とおりものが混ざると、おりものが臭いと感じることがあります。

 

デリケートゾーンの肌の乾燥。

デリケートゾーンの肌が乾燥していると、乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌させてしまうことがあります。

皮脂が多く分泌されることにより、皮脂が大好きな雑菌が集まってきます。そこにおりものが排出されてしまうと、雑菌はおりものも栄養分にするのです。

雑菌がおりものを分解する時にニオイが発生して、おりもののニオイが強くなるのです。

間接的ではあるものの、こうしたデリケートゾーンの肌トラブルもおりもののニオイを強くさせている可能性があります。

 

ホルモンバランスの乱れ。

生理前などは女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が下がるためおりものの量が普段よりも多くなる女性が多いです。

エストロゲンの分泌量が減少すると肌から分泌される皮脂の量が多くなり雑菌が増えやすくなることに加え、皮脂が酸化しておりものと混ざることでもニオイが強くなる場合があります。

ホルモンバランスが大きく乱れる時期が女性には何度かありますが、例えば出産をした後でホルモンバランスの乱れとともに「おりものが臭い」と感じることがあっても不思議ではないのです。

 

細菌性の膣炎・性病

おりものが臭いと一番分かりやすいのが、この細菌性の膣炎や性病が原因となっている時です。

膣内に細菌が増えることにより、おりものの量が増えるのと同時にニオイが生臭くなったり卵が腐ったようなニオイがすることがあります。

細菌が原因でおりもののニオイが強くなる場合は、分りやすくおりものが臭くなります。

おりものに変化が出やすい性病として、クラミジア・淋病・トリコモナス・カンジダ膣炎などがあります。

おりものの量とニオイだけで一概に性病だと判断することはできませんが、明らかにニオイの種類が普段と違っていたり、おりものが泡だっていたり色や形状に変化がある場合は、性病の可能性を考えて診察を受けるべきです。

 

子宮内膜炎症や卵管炎

子宮の内側の壁に炎症が起こったり、さらに進行して卵管まで炎症を起こしている場合もおりものの量が増えます。

子宮の内膜は普段は生理が来ると剥がれ落ちて新しく再生されます。

しかし、生理不順や細菌に感染することによって炎症を起こすと、おりものが増えニオイも強くなることがあります。

 

このように、日常的なことから性病・細菌によるものまで、いつもとは違っておりものが臭いと感じる原因はいくつかあります。

「今までおりもののニオイなんてそれほど感じたことなかったのにどうして?」

と、ふと気づいたらニオイが強くなっていたという女性が実は多いのです。

 

おりもののニオイが強くなる原因を見ていて気付かれた方もいるかと思うのですが…

性病や細菌によるもの以外で、日常的なことが原因となっておりものが臭くなるのは、デリケートゾーンが長時間不衛生な状態になっていることが原因になっているケースが多いです。

 

体型の変化であったり年齢的なことも関係して、デリケートゾーンの状況が変わってしまっているということも考えられます。

たとえば、急に太ってしまったり汗をかきやすくなったりすることでも、おりもののニオイが強くなり臭く感じるようになることがあります。

 

でも、だからといって急に痩せたり汗を止めるというのは無理なことですよね?

 

そんな時に頼れるのがデリケートゾーン用の石鹸です。

デリケートゾーンを殺菌できる石鹸を使用することで、雑菌が増えるのを抑え、日常的な原因によるおりもののニオイを軽くすることができるからです。

⇒デリケートゾーンを殺菌し、おりもののニオイ対策にベストな石鹸がコレ

時期によっておりものが臭く感じることも

生理や出産後おりものは時期によっても

さきほど、おりものが臭くなる原因について紹介しました。蒸れや性病が原因になっておりものが臭くなることがあります。

それとは別に、女性の体は生理や出産など様々な変化が起こります。

そうした体の変化が起こる時期にも、おりものが臭いと感じることがあるのです。

どういう時期におりもののニオイが強くなるかというと…

 

排卵期や生理前

排卵期になると受精しやすい環境を整えるために、おりものの量が普段よりも増えることがあります。

排卵期や生理前は、普段よりも粘り気の強いおりものが分泌されやすいです。

粘り気の強いおりものがショーツに付着し、肌やアンダーヘアについてしまうとトイレットペーパーで拭いたとしても残ってしまいます。

そのショーツ・肌・アンダーヘアに付着した粘り気の強いおりものが時間が経ってくるとニオイを発生させるのです。

 

妊娠中や出産後

妊娠するとホルモンバランスの変化が起こると同時に、膣内に侵入する雑菌を排出するためにおりものの分泌量も多くなります。

特に妊娠初期におりもののニオイが強くなったと感じる女性が多く、妊娠後期や出産後もおりもののニオイを感じやすいです。

出産後には悪露(おろ)といわれる血液の混ざったおりものが分泌されるため、おりものから生臭いニオイがして臭いと感じる女性も多いです。

 

疲れやストレスが溜まっている時

疲れやストレスは溜めないのがベスト!なんて言われますが…無理ですよね(笑

この疲れやストレスが溜まっている時にも、免疫力が弱くなりデリケートゾーンに雑菌が増えることによっておりものが多くなることがあります。

また疲れやストレスが溜まっている時は、おりものだけでなく肌の調子も悪くなってしまいがちです。

おりものが増えることに加え、肌の炎症や乾燥などが重なることでおりものが臭いと感じてしまうのです。

 

性交後

性交時に膣内が傷ついたりすると出血することがあります。その出血した血液とおりものが混ざることで、普段よりもおりもののニオイを強く感じることがあります。

性交後におりものが茶色くなっていたり、赤っぽくなっている場合は出血を起こしている可能性が高いです。

 

風邪や体調不良を起こしている時

疲れやストレスが溜まっている時にも、免疫力が落ちておりものが臭いと感じることがあると紹介しました。

風邪や体調不良を起こしている時には、さらに免疫力が落ちておりもののニオイを強く感じることがあります。

インフルエンザなどのウイルス性の病気になっている時などは、おりものの量も増えやすくニオイも強くなることが多いです。

 

排卵期や生理前、妊娠中や出産後など女性にはどうしてもおりものが臭いと感じてしまう時期があります。

それに時期とは少し違いますが、疲れやストレスが溜まっている時、病気などで体調不良に鳴っているときなども免疫力の低下が関係しておりもののニオイが強くなってしまうことも。

 

こうした体内の変化が起こる時期や免疫力が落ちている時にも、おりもののニオイが気になる場合は、体内の自浄作用だけに任せるのではなく、

デリケートゾーン用の石鹸で雑菌が増えないように外から手助けしてあげることも、おりもののニオイを軽くすることに繋がります。

 

生理前や妊娠産後にこそ、デリケートゾーンを清潔にすることを心がけることで「おりものが臭い…」なんて悩みを軽くすることができるのです。

⇒生理中や妊娠中におりもののニオイやかゆみが…そんな人のために開発された石鹸がコレ

こんな事がおりもののニオイをさらに臭くさせている!?

おりもののニオイがさらに強く

日常的な蒸れや性病、それに時期によってもおりものが臭いと感じることがあります。

そうした原因や時期だけでなく、デリケートゾーンのケアがきちんとできていないことでも、おりもののニオイをさらに臭くさせている場合があるのです。

その一つが、アンダーヘアです。

 

伸びてしまったアンダーヘアにおりものが絡まると、時間が経過することによっておりもののニオイはさらに強くなるのです。

アンダーヘアにトイレットペーパーが絡まったり、服の繊維が絡まってしまった経験がありませんか?

チリチリのアンダーヘアに紙や繊維が絡まってしまうと、なかなか取れないですよね。

おりものに関しても同じです。アンダーヘアにおりものが絡まると、トイレットペーパーでちょっと拭くだけでは完全に取りきることは難しいです。

 

それに、VIO脱毛などをしているのなら別ですが、アンダーヘアって自分では見えない部分にも生えていたりしますよね。

そんな見えない部分のアンダーヘアにおりものが絡まったりすると、気付かないままおりものが付着したまま長時間過ごすことになります。

アンダーヘアにおりものが絡まったまま時間が経過すると、雑菌が集まるだけでなく、尿や汗とおりものが混ざってしまったりすることが考えられ、おりもののニオイがさらに臭いと感じることに。

 

結婚して出産をしたり、ある程度の年齢になるとアンダーヘアの処理を忘れがちになってしまう女性は多いです。

家事や育児などで忙しくなり、なかなかアンダーヘアにまで気を回していられない。というのも仕方のないことです…

 

しかし、おりもののニオイが気になって「臭い」と感じていたり、デリケートゾーンが以前よりも「ムズムズするようになった」と思われている方は一度、

アンダーヘアが伸びていない?

見えない部分に毛が生えていない?

ということをチェックしてみてください。

 

もしアンダーヘアが伸びていたり見えない部分に生えていたら、試しにアンダーヘアの処理をしてみてください。

アンダーヘアをキレイにケアするだけで、おりものによるニオイが軽くなったり、ムズムズしなくなったというケースはよくあるので。

 

ただし、アンダーヘアを処理する時には少しだけ注意をしてください。ハサミや毛抜きで雑に処理をしてしまうと、逆に肌トラブルの元にもなりかねません。丁寧に処理することを心がけてください。

アンダーヘアの処理を正しく行って、おりもののニオイやムズムズを解消したいという方は▼こちらの記事をご覧いただければ、自宅での正しい処理方法がわかりますよ。

アンダーヘアをハサミで?の画像

アンダーヘアの処理はコレがベスト!

2016年3月21日

いっそのことこの機会にVIO脱毛をする!というのもアリかもしれないですね(笑

おりものが臭い…性病以外はニオイを軽くする方法がある。

性病以外は対策方法がある

今回は「おりものが臭い」と感じる悩みについて紹介しましたが、おりもののニオイが気になっている方は、なにか心当たりがあったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

最後に付け足しておくと、性病がおりもののニオイの原因になっている場合は、性病をまず病院などで診てもらわないことには、ニオイを軽くすることはできません。

しかし、性病以外の原因でおりものが臭いと感じている場合は、石鹸を使った少しのデリケートゾーンケアをするだけでも、気になるニオイを軽くできる場合があるのです。

 

おりものがある日のニオイが気になって、

「体質が変わったのかな?」

とか、

「年齢のせいかな?」

なんて、難しく考えてしまう人もいるのですが、実はもっと単純なことでデリケートゾーンの衛生状態が悪くなっているだけというケースも多いです。

かゆみなどと違ってニオイって難しく考えてしまいがちですが、おりもののニオイが気になっている場合は、今回紹介したようなデリケートゾーン用の石鹸を試してみてください。

▼こちらの記事でもデリケートゾーン石鹸を詳しく紹介していますが、

デリケートゾーンの石鹸いいのは?の画像

デリケートゾーンおすすめ石鹸ランキング!

2015年11月5日

デリケートゾーン用石鹸も様々なデリケートゾーンのトラブルに合わせて開発されています。

デリケートゾーン石鹸を使って洗うというのは、洗顔と同じで基礎的なケアでもあるのです。

石鹸を変えるだけで「あっけなく悩まなくなった♪」なんて女性も多いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です